宿望(読み)シュクボウ

デジタル大辞泉の解説

しゅく‐ぼう〔‐バウ〕【宿望】

前々からの望み。かねてからの念願。宿志宿願。しゅくもう。「宿望を遂げる」

しゅく‐もう〔‐マウ〕【宿望】

しゅくぼう(宿望)」に同じ。
「某(それがし)儀明日年来の―相達(あいたっし)候て」〈鴎外・興津弥五右衛門の遺書〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅくぼう【宿望】

前々からもっている強い希望。宿志。宿願。しゅくもう。 「 -を果たす」

しゅくもう【宿望】

しゅくぼう(宿望)」に同じ。 〔日葡〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅく‐ぼう ‥バウ【宿望】

〘名〙
① かねてからの願望。長い間の念願。宿念。しゅくもう。
※明衡往来(11C中か)下末「朝恩也。宿望也」
② 久しい以前からの人望。また、その人望ある人。〔晉書‐山濤伝〕

しゅく‐もう ‥マウ【宿望】

〘名〙 (「もう」は「望」の呉音) =しゅくぼう(宿望)
※高野本平家(13C前)四「朝敵をもたいらげ、宿望(シュクマウ)をとげし事は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android