コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宿る ヤドル

デジタル大辞泉の解説

や‐ど・る【宿る】

[動ラ五(四)]《「屋取る」の意》
旅先で宿をとる。また、一時的にそこに住む。「僧坊に―・る」
その場所にとどまる。「葉に夜露が―・る」「健全な精神は健全な肉体に―・る」
妊娠する。「子が―・る」
虫・植物などが寄生する。「回虫が―・る」
星がその座を占める。「太陽が牡羊座に―・る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やどる【宿る】

( 動五[四] )
〔「屋取る」の意〕
旅先で泊まる。また、一時的に他の場所に身を置く。 「民宿に-・る」 「松陰に-・りて行かな夜もふけ行くを/万葉集 1687
ある場所にとどまる。位置を占める。 「草の葉に露が-・る」 「みずがめ座に-・る星」
中にはいりこんでとどまる。 「正直の頭こうべに神かみ-・る」
胎児としてこもる。 「新しい生命が-・る」
住居とする。仮のすみかとする。 「かたみに-・る所も問ひかはして/源氏 玉鬘
植物が寄生する。 「深山木に-・りたるつたの色ぞ/源氏 宿木」 〔「宿す」に対する自動詞〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

宿るの関連キーワード山岳信仰・山嶽信仰神は正直の頭に宿る不思議なオパール群肝の・村肝のアナムネーシス依り代・憑代葉守りの神葉守の神中間宿主動物崇拝奇し御魂袖の湊八幡座神体山二し重庵さす男の魂神宿り女の魂袖の浦

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宿るの関連情報