コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宿る ヤドル

2件 の用語解説(宿るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

や‐ど・る【宿る】

[動ラ五(四)]《「屋取る」の意》
旅先で宿をとる。また、一時的にそこに住む。「僧坊に―・る」
その場所にとどまる。「葉に夜露が―・る」「健全な精神は健全な肉体に―・る」
妊娠する。「子が―・る」
虫・植物などが寄生する。「回虫が―・る」
星がその座を占める。「太陽が牡羊座に―・る」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

やどる【宿る】

( 動五[四] )
〔「屋取る」の意〕
旅先で泊まる。また、一時的に他の場所に身を置く。 「民宿に-・る」 「松陰に-・りて行かな夜もふけ行くを/万葉集 1687
ある場所にとどまる。位置を占める。 「草の葉に露が-・る」 「みずがめ座に-・る星」
中にはいりこんでとどまる。 「正直の頭こうべに神かみ-・る」
胎児としてこもる。 「新しい生命が-・る」
住居とする。仮のすみかとする。 「かたみに-・る所も問ひかはして/源氏 玉鬘
植物が寄生する。 「深山木に-・りたるつたの色ぞ/源氏 宿木」 〔「宿す」に対する自動詞〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宿るの関連キーワード掠め取る汲み取る拭い取る寝取る火取る切取る抱取る掴み取る縫取る巻取る

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宿るの関連情報