旅枕(読み)たびまくら

精選版 日本国語大辞典「旅枕」の解説

たび‐まくら【旅枕】

※新古今(1205)雑上・一四八六「ほととぎす其の神山のたびほのかたらひし空ぞ忘れぬ〈式子内親王〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「旅枕」の解説

たび‐まくら【旅枕】

旅先で眠ること。旅寝。「旅枕を重ねる」
郭公ほととぎすその神山の―ほの語らひし空ぞ忘れぬ」〈新古今・雑上〉
[類語]泊まる寝泊まり宿泊外泊野宿素泊まり旅宿投宿止宿旅寝仮寝宿る合宿泊まり泊まり込む泊まり込み草枕分宿来泊泊まり掛け同宿露営宿営野営宿を取る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「旅枕」の解説

旅枕

日本のポピュラー音楽は男性演歌歌手、鳥羽一郎。2012年発売。作詞:水木れいじ、作曲:叶弦大。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

普及版 字通「旅枕」の解説

【旅枕】りよちん

旅寝。宋・〔二十七日、~南山中の蟠竜寺に宿す〕 板閣に獨り眠りて、く 木魚、曉に動いて、に隨ひて(しゆく)す

字通「旅」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android