同宿(読み)どうしゅく

精選版 日本国語大辞典「同宿」の解説

どう‐しゅく【同宿】

〘名〙 (近世まで「どうじゅく」)
① 同じ旅宿。同じ宿駅
② (━する) 同じ宿や家に泊まりあわせること。同じ家、建物に住むこと。また、その人。
※今昔(1120頃か)二四「我幸に君と同宿せり」 〔晉書‐桑虞伝〕
③ (━する) 同じ寺の僧坊に住むこと。同じ寺に住み、同じ師僧について学ぶこと。また、その人。同僚の僧。
※今昔(1120頃か)二八「異僧と同じ房宿したりけるに、其の同宿の僧の見ければ」
④ (操り、義太夫関係者の隠語から) ともだち。仲間のこと。
※滑稽本・戯場粋言幕の外(1806)下「『どうじゅく(〈注〉トモダチ)』『つなが(〈注〉見ろ)』つし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「同宿」の解説

どう‐しゅく【同宿】

[名](スル)《古くは「どうじゅく」とも》
同じ旅宿。同じ宿駅。
同じ旅宿や家に泊まり合わせること。また、その人。「卒業旅行の学生と同宿する」
同じ寺に住み、同じ師について修行すること。また、その僧。
[類語]相宿投宿止宿合宿泊まる寝泊まり宿泊外泊野宿素泊まり旅宿旅寝仮寝宿る泊まり泊まり込む泊まり込み旅枕草枕分宿来泊泊まり掛け露営宿営野営宿を取る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「同宿」の解説

【同宿】どうしゆく

共宿。

字通「同」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android