富士川 游(読み)フジカワ ユウ

20世紀日本人名事典の解説

富士川 游
フジカワ ユウ

明治〜昭和期の医学史学者,内科医 日本医史学会理事長。



生年
慶応1年5月11日(1865年)

没年
昭和15(1940)年11月6日

出生地
安芸国沼田郡長楽寺村(広島県広島市安佐南区)

旧姓(旧名)
富士川 充人

学歴〔年〕
広島医学校〔明治20年〕卒

学位〔年〕
文学博士〔大正3年〕,医学博士(京都帝大)〔大正4年〕

主な受賞名〔年〕
帝国学士院賞恩賜賞〔大正1年〕「日本医学史」

経歴
上京して明治生命保険会社保険医となる。明治31年ドイツのイエナ大学に留学し神経病学および理学療法を研究、ドクトル・メディチーネの学位を得て33年帰国、東京・日本橋の中洲養生院内科医長となる。23年頃より医史学の研究を始め、和漢の古医書を収集、37年には日本医学史の本格的研究「日本医学史」を完成、のち同書で学士院恩賜賞を受賞。大正7年慶応大医学部講師、13年中山文化研究研究所長を経て、昭和2年日本医史学会設立、13年理事長に就任。他に芸備医学会、日本内科学会、日本児童研究会、癌研究会、看護学会、人性学会、日本医師協会などを創立。また「普通衛生雑誌」「医談」「芸備医事」「治療新法」などの雑誌も創刊した。著書は他に「日本疾病史」「日本医学史綱要」「皇国医事年表」「電気療法」「医術と宗教」「教育病理学」「性欲の科学」など多数。宗教、児童問題についても学識が深かった。「富士川游著作集」(全10巻 思文閣出版)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

富士川 游 (ふじかわ ゆう)

生年月日:1865年5月11日
明治時代-昭和時代の医史学者。中山文化研究所所長;日本医師学会理事長
1940年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android