コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富沢赤黄男 とみざわ かきお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富沢赤黄男 とみざわ-かきお

1902-1962 昭和時代の俳人。
明治35年7月14日生まれ。昭和10年日野草城の「旗艦」に参加。反伝統・反ホトトギスの新興俳句運動にかかわる。16年第一句集「天の狼(おおかみ)」を刊行。戦後は「薔薇(ばら)」を主宰。昭和37年3月7日死去。59歳。愛媛県出身。早大卒。本名は正三。別号に蕉左右(しょうぞう)。
【格言など】やがてランプに戦場のふかい闇がくるぞ(「天の狼」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とみざわかきお【富沢赤黄男】

1902‐62(明治35‐昭和37)
俳人。愛媛県生れ。本名は正三。早稲田大学在学中に俳句に関心をもち,1935年に日野草城の《旗艦》が創刊されると,〈秋風の下にゐるのはほろほろ鳥〉などを同誌に発表した。青春の鬱屈した心情を現代詩に多い用語で表現した赤黄男は,同時代の感情の表現を志向していた当時の〈新興俳句〉のホープとみなされた。〈爛々と虎の眼に降る落葉〉などを収めた句集《天の狼》(1941)は,その〈新興俳句〉の大きな成果である。敗戦後は46年に創刊された《太陽系》などの同人誌で時代の詩としての俳句を追求したが,しだいに虚無感を深め,〈破れた木――墓は凝視する〉(《黙示》1961)のような短詩を書くにいたった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富沢赤黄男
とみざわかきお
(1902―1962)

俳人。愛媛県生まれ。本名、正三。早稲田(わせだ)大学政経学部に学ぶ。『渋柿(しぶがき)』『ホトトギス』『泉』などに投句したが、水谷砕壺(さいこ)と『青嶺(あおね)』、さらに日野草城(そうじょう)の『旗艦』に加わり、新興俳句に転じ、定型によりながら詩的可能性を追求した。1937年(昭和12)応召、中国、北千島に転戦、第二次世界大戦後『太陽系』『火山系』の創刊に加わり、『詩歌殿』を編集した。52年『俳句評論』に拠(よ)ったが、晩年は句作を断った。句集に『天の狼(おおかみ)』(1941)、『蛇の笛』(1952)などがある。[村山古郷]
 秋の雲泥の鳩笛(はとぶえ)吹けども鳴らず
『『富沢赤黄男全句集』全二巻(1976・書肆林檎屋)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の富沢赤黄男の言及

【新興俳句】より

…(2)中期は37年ころまで。35年ころには《京大俳句》《句と評論》《土上》《旗艦》等の主要誌が呼応,運動は全国的に伝播するとともに,連作から派生した無季俳句へと転進,篠原鳳作,西東三鬼(さいとうさんき),渡辺白泉,富沢赤黄男(とみざわかきお)らにより斬新な詩情と表現様式が追求される一方,《土上》《句と評論》では生活俳句が主張された。有季遵守の秋桜子,誓子は運動から離脱した。…

※「富沢赤黄男」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

富沢赤黄男の関連キーワード7月14日高柳 重信鷲巣 繁男村山古郷高柳重信鷲巣繁男