コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒冷地農業 かんれいちのうぎょう

大辞林 第三版の解説

かんれいちのうぎょう【寒冷地農業】

寒冷な地帯、一般に北緯40度以北で、平均気温摂氏10度以下の地帯で行われる農業。 → 高冷地農業

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんれいちのうぎょう【寒冷地農業】

寒冷な気候が農業の形態に主要な影響を及ぼす,おおよそ北緯40゜以北,年平均気温10℃以下の地帯の農業をいう。 低緯度の地域でも標高の高い地帯は,温度条件からみると寒冷地に入るが,立地条件が異なるので,高冷地として区別される。寒冷地は一般に根雪期間が長く,無霜期間が短い。また,年間の日射量が少なく,夏季も比較的冷涼であるため,農作物の生育期間が短く,一毛作耕地利用率が低い。家畜の放牧できる期間も短く,舎飼の期間が長い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寒冷地農業
かんれいちのうぎょう

寒冷な風土条件の下で行われている農業。農業生産は自然的諸条件によって制約されるところが大きいが、とりわけ寒冷な気象条件下では、積雪、降霜、土壌凍結などによって1年のうちで農作物を生育しうる期間が短く制限されるばかりでなく、夏季の比較的低い気温、日照時間の寡少などによって、農用地の利用方法ならびに栽培しうる作物の数が制約されており、農業生産の限界地というイメージが強い。しかし世界的には、温帯の北部から亜寒帯にまたがる高緯度の寒冷地域に、小麦、牧畜、酪農などの比較的冷涼な条件に適した作物や家畜の広大な主産地が形成されている。
 日本では、根雪期間が年間90日以上、年平均気温10℃以下、無霜期間が130~180日で、水田裏作のできない地域をさし、北海道をはじめとして東北、北陸などの北緯37度以北の地域を概括しているが、このほかにも標高が高いために同じような制約条件下に置かれている高冷地がある。
 これらの地域で安定した経営を行うには、農地利用度の低さをカバーする広い耕地を必要とし、短い農作期間内に適期作業の遂行を確保するための機械化も必要である。また、耐冷性の適作物を中心にして、絶えず冷害の危険に備えることも重要である。適作物としては、畑作ではムギ類、ダイズ、ジャガイモ、テンサイ、牧草などの飼料作物、蔬菜(そさい)ではカンラン、ハクサイ、果樹ではリンゴ、サクランボなどがあげられる。また、本来は暖地作物であるイネも、長年にわたる品種改良や技術開発によって寒冷地農業の基幹作物となった。さらに近年は、寒冷地特有の条件をいかした栽培技術や市場対応が、蔬菜作や畑作、酪農などで展開されている。[七戸長生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

寒冷地農業の関連キーワード佐瀬与次右衛門農耕文化

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android