コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺檀制度 じだんせいど

3件 の用語解説(寺檀制度の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

じだんせいど【寺檀制度】

江戸幕府が、寺檀関係を利用して制定した戸籍管理の制度。初めキリスト教禁圧を目的としてつくられたが、のちには民衆支配の一制度として機能した。檀家制度。寺請け。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じだんせいど【寺檀制度】

檀家制度ともいう。永続的な葬祭の関係を結んだ檀那寺(手次寺)と檀家の結合をもとに,江戸幕府民衆統制,宗教統制に利用した戸籍制度。寺僧が,その檀家家族個々について,キリシタンや禁制宗派たる日蓮宗不受不施派などの信徒でないことを証明する寺請を行うことによって,身元,身分を証明した(寺請制度)。このことを直接命じた法令はないが,1671年(寛文11)に従来行われていた宗門改めを,人別帳を利用して行うように指令したことにより,宗門人別改帳作成が制度化されて寺檀関係は制度として成立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寺檀制度
じだんせいど

檀家(だんか)制度、寺請(てらうけ)制度ともいう。特定の寺院が特定の家(檀家)の葬祭を永続的に担当して布施(ふせ)を受ける寺檀関係を基礎とし、寺請や宗旨人別帳への記載によって、檀家の人々がキリシタンでないことを証明させる制度。江戸幕府の宗教統制として始まり、戸籍制度の性格をもっていた。
 特定の寺僧へ布施を行う檀那(だんな)・檀越(だんおつ)は、仏教の成立以来みられるものであるが、公家(くげ)や武家に始まった家と菩提寺(ぼだいじ)の関係が、近世初頭に民衆の家が広範に成立すると、これを檀家とすることによって、寺檀関係が一般的に形成された。一方、江戸幕府はキリシタン禁制策をとり、キリシタン改(あらため)を指令したので、諸藩はさまざまな方法でこれを実施したが、このうちには1635年(寛永12)に若狭(わかさ)(福井県)小浜(おばま)藩が、檀那寺の宗旨手形を徴収したように、寺檀関係をキリシタン改に利用するものもあった。このようにして寛永(かんえい)期(1624~44)には寺請制が始められたが、これとは別に作成されていた人別帳を利用した宗門改も行われ、1671年(寛文11)幕府がこれを制度化すると、宗旨人別帳による寺請の制度として確立した。
 これによって寺と檀家の関係は固定化され、寺替(てらがえ)・宗旨替は原則として認められなくなった。婚姻や年季奉公などで生家を離れるときには檀那寺の寺送状(宗旨手形)をもって身分を証明されねばならなくなり、しだいに戸籍制度としての性格をもつようになった。そのため、家族のうちで檀那寺を異にするような半檀家とよばれるものなどは、この制度にふさわしくなかったから、藩によっては近世中期に一家一寺の寺檀関係への改変を命じたところもある。
 また寺院にとっては、寺檀関係の制度化はその経営の安定を生み出すものであったから、その維持・強化に努めた。徳川家康に仮託して著された有名な「宗門檀那請合之掟(うけあいのおきて)」は、享保(きょうほう)期(1716~36)ごろの成立といわれるが、それには、檀那役(布施や募財)に応じない者や、先祖の年忌法事を勤めない者をキリシタンとみなすなどの文言があり、寺院と檀家の関係をよく示している。
 江戸幕府が崩壊しても、1871年(明治4)に戸籍制度が定められるまで宗旨人別帳の作成は続けられた。宗旨人別帳の廃止後においては、仏教各宗教団は寺檀関係を教団の基盤として維持し、また明治民法が家制度を法制化したことによって、寺檀関係は存続を続け、現代に及んでいる。[大桑 斉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の寺檀制度の言及

【寺院】より

…さらに幕府は全民衆に対して,それぞれ宗旨と檀那寺を定め,その檀那寺の僧侶が発行する檀家証明書(寺請証文)を宗門改め,出生,結婚,旅行,転住,奉公,死亡などのときに必要とする制度をつくって民衆を統制したので,近世の日本人はすべて仏教徒となり,先祖以来の固定した宗旨と檀那寺をもつこととなった。これを近世寺檀制度という。こうして近世の寺院は一方で幕府の民衆支配の末端機構の役割を果たしたが,他方で村や町の地域文化の中心となり,また民衆の葬礼や先祖の鎮魂,年中行事や生活倫理など,生活文化の形成に当たって大きな推進力となった。…

【仏教】より

…逆にいうと,幕府は本山住持の任命について,その事前承認権さえ留保しておけば,全国寺院を末端まで支配できることを意味した。二つには幕府が行った人別宗門改によって,近世寺檀制度が生まれたことである。幕府は毎年,キリシタン宗門改を人別に実施し,このとき各人から寺請(てらうけ)証文を提出させた。…

※「寺檀制度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

寺檀制度の関連キーワード檀家永続的縁組アンドレードの式ギブスの吸着等温式酸素解離曲線凍結曲線クラマース‐クローニヒの関係式ゲル=マンの関係半檀家制

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone