コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寿狂言 コトブキキョウゲン

デジタル大辞泉の解説

ことぶき‐きょうげん〔‐キヤウゲン〕【寿狂言】

歌舞伎で、中村市村森田江戸三座に創建当初から伝承された儀礼的狂言。その座の記念特別興行などに上演された。家狂言

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ことぶききょうげん【寿狂言】

江戸の劇場の中村座市村座森田座(守田座)に伝承された祝言儀礼的狂言のこと。家狂言ともいう。江戸時代の歌舞伎の興行権は,幕府が座元(太夫元)個人に与えた特権であった。江戸三座の座元は世襲であったので,その権威も特に大きく,各座では,由緒正しい家を誇り格式を重んじて,家の狂言を制定し記念劇として上演した。それが寿狂言で,中村座の《猿若》《新発意太鼓(しんぽちたいこ)》《門松》,市村座の《海道下り》,森田座の《仏舎利》などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ことぶききょうげん【寿狂言】

江戸三座で創立当時に当たりをとった歌舞伎狂言。中村座の「猿若」、市村座の「海道下り」、森田座の「仏舎利ぶつしやり」など。座の創立記念興行などに記念劇として上演された。家狂言。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

寿狂言の関連キーワード杵屋喜三郎(7代)杵屋喜三郎(6代)歌舞伎狂言猿若彦作

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android