小値賀(町)(読み)おぢか

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小値賀(町)(おぢか)
おぢか

長崎県西部、北松浦郡(きたまつうらぐん)にある町。1940年(昭和15)町制施行。『肥前国風土記(ひぜんのくにふどき)』には佐世保(させぼ)市に属する宇久島(うくじま)とともに小近(おちか)として記載されている。町域は、小値賀島(12.22平方キロメートル)およびその属島の大島(0.71平方キロメートル)、藪路木島(やぶろぎしま)(0.47平方キロメートル)、黒島(0.24平方キロメートル)、斑島(まだらしま)(1.57平方キロメートル)、宇々島(ううじま)(0.09平方キロメートル)、納島(のうしま)(0.65平方キロメートル)、六島(むしま)(0.69平方キロメートル)、野崎島(7.10平方キロメートル)や赤島、古路島(ころじま)などを含む。町の中心は小値賀島南岸の笛吹(ふえふき)で町役場があり、佐世保港からのフェリーボートが寄港する。古くは海士(あま)によるアワビ、サザエを採取する集落であったが、現在は前方(まえかた)、斑浦とともに一本釣り、磯建網(いそたてあみ)を主とする。小値賀島と斑島間には斑大橋が架けられている。古来、牧牛が盛んで小値賀牛の名で知られ、無人の古路島は放牧の島として知られた。宇々島は大島の郷(ごう)有地で、江戸末期から大正初期ごろまで困窮者を移住させ、更生の機会を与えた相互扶助の島として有名。もともと冬季には杜氏(とうじ)などの出稼ぎがあったが、近年では周年出稼ぎや島外移住も多い。斑島玉石甌穴(おうけつ)は国指定天然記念物。面積25.53平方キロメートル、人口2560(2015)。[石井泰義]
〔世界遺産の登録〕野崎島の集落跡は、2018年(平成30)、ユネスコ(国連教育科学文化機関)により「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産として、世界遺産の文化遺産に登録された(世界文化遺産)。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小値賀(町)の関連情報