コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇久島 うくじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇久島
うくじま

長崎県五島列島北方の島。西方の寺島とともに佐世保市に属する。城ヶ岳 (259m) を主体とする低平な火山岩からなり,広大な牧野をもつ畜産と畑作の島。五島藩の祖宇久氏発祥の地で,江戸時代は五島藩に属した。中心集落の平,および南西部の神浦におもな漁港があり,一本釣り,延縄漁業,貝採取などが行なわれる。北岸一帯は西海国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うくじま【宇久島】

長崎県五島列島北端にある島。面積25km2,人口4379(1995)。五島氏の先祖,宇久氏の最初の拠点で,近世は五島藩に属したが,今は属島の寺島,前小島とともに北松浦郡宇久町(人口4379。1995)をなす。宇久町は1955年平町と神浦村が合体,改称。鐘状火山の城ヶ岳(259m)を中心に,なだらかなすそ野が広がる火山島である。東岸の平港は江戸時代アワビ採取権を許されていた海士アマンシュ集団の港町だったところで,今は島の中心集落をなし,佐世保と結ぶフェリー波止場がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長崎県〕宇久島(うくじま)


長崎県五島(ごとう)列島の北方に位置する火山島。面積24.9km2。自然地理上の区分では五島列島の北端部とみなされるが、人文地理的には歴史的に北松浦郡に所属し、五島列島には含めないことが多い。現在は長崎県佐世保(させぼ)市に属する。中央部の城ヶ(しろが)岳(標高259m)から、なだらかな裾野(すその)が延びる。東海岸に砂丘がみられるほかは、海食崖(かいしよくがい)が発達。北海岸一帯が西海(さいかい)国立公園に属する。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇久島
うくじま

長崎県西部、五島列島の北方にある島。佐世保(させぼ)市に属する。面積24.92平方キロメートル。もとは寺島などの属島とともに旧宇久町(面積26.40平方キロメートル)を形成していたが、2006年(平成18)佐世保市に編入した。玄武岩の台地上に、城(じょう)ヶ岳(259メートル)を噴出した火山島で、台地と火山体の境界線上には、湧水(ゆうすい)による溜池(ためいけ)が分布している。島の東部には長崎鼻や野方(のがた)の台地が広がり、西部には平原の台地が広がっている。人口2878(2009)。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の宇久島の言及

【五島列島】より

…列島の胴体部は地塁山地で,その後の沈水により多くの瀬戸や湾入を生じ,美しいリアス海岸をみせる。地塁山地の東側には福江島の鬼岳(おんだけ)火山(315m)や富江溶岩台地が,西側には宇久島小値賀島などの火山島や,京ノ岳火山(福江島北西端,183m)が形成されている。列島は日本の西端にあり,中国大陸に近く,かつて遣唐使の寄港地や倭寇(わこう)の根拠地となり,その遺跡は多い。…

※「宇久島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宇久島の関連情報