コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小原雲心 おはらうんしん

4件 の用語解説(小原雲心の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小原雲心
おはらうんしん

[生]文久1(1861).5.19. 松江
[没]1914.1.1. 大阪
生け花作家。盛花,瓶華の創案者。小原流初世。本姓高田氏 (小原家の養子) ,名は房五郎,号は六合軒雲心。 1889年大阪に出て彫刻 (大賀可楽門) と生け花 (池坊専正,専啓門) の研究を続けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小原雲心 おはら-うんしん

1861-1916 明治-大正時代の華道家。
文久元年5月19日生まれ。小原流の創始者。はじめ池坊をまなぶ。水盤による盛り花を考案し,明治45年小原式国風盛花(もりばな)の名称で独立。生け花の近代化に影響をあたえた。大正5年1月1日死去。56歳。出雲(いずも)(島根県)出身。旧姓は高田。本名は房五郎。別号に六合軒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

おはらうんしん【小原雲心】

1861~1916) 生け花の家元。小原流の開祖。号、六合軒。島根県松江市の生まれ。彫刻から生け花に転じた。盛花・投入の創始者。1912年に小原式国風こくふう盛花を掲げて、池坊から独立した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小原雲心
おはらうんしん
(1861―1916)

いけ花流派小原流の創始者。名は房五郎、六合軒と号す。松江(島根県)に生まれ、彫刻家を志したが、病弱から余技のいけ花に進んだ。池坊(いけのぼう)を学んだが、その旧態に満足せず、日露戦争後の洋花の移入と生活様式の変化に着目、水盤による盛り花を考案し、1912年(明治45)、国風式(こくふうしき)盛り花の名称をもって独立し、近代いけ花への道を開いた。これは、大正初期のいけ花界に新風を吹き込むものであったと同時に、自由花を生む方向づけに、大きな役割を果たしている。[北條明直]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小原雲心の言及

【池坊】より

…池坊もしばらく沈滞していたが,古い伝統をもつため他流より早く復活し,明治のいけばな界に再び支配的地位を保つようになった。しかし池坊から離れて自由な創造をめざすものも多くなり,吉村華芸(かうん)の池坊竜生派,小原雲心の小原流などが成立,大正期にはいると安達潮花の安達式など斬新な作風の作家たちが独立し,創流をするようになった。第2次大戦後の池坊は近代の盛花や投入だけでなく,現代いけばなの研究にも力をそそぎ海外への進出もはかるようになった。…

【小原流】より

…いけばなの一流派。明治中期,小原雲心によって盛花を中心としたいけばなの新しい形式として創始された。明治年間は池坊の門弟として生花技術に優れていた雲心は,池坊花技を教えるかたわら盛花の発表を行っていた。…

※「小原雲心」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小原雲心の関連キーワード一瓢庵関里(8代)榎本武憲尚昌伊達宗陳津山(5代)福島経人宝松庵一玉(3代)牧水軒珊子堀河護麿宮本里桜

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小原雲心の関連情報