コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小坂井 こざかい

2件 の用語解説(小坂井の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小坂井
こざかい

愛知県南東部,豊川市南部の旧町域。豊川の河口近くに位置する。1926年町制。2010年豊川市に編入。農村で施設園芸も行なわれてきたが,第2次世界大戦後工業化が進み,軍需工場跡に紡績,乳製品,鉄鋼,車輛などの工場が進出。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小坂井
こざかい

愛知県南東部、宝飯(ほい)郡にあった旧町名(小坂井町(ちょう))。現在は豊川(とよかわ)市の南部に位置する地域。豊川(とよがわ)右岸の段丘と沖積地を占める。1926年(大正15)町制施行。2010年(平成22)、豊川市へ編入。JR東海道本線、飯田(いいだ)線、名古屋鉄道本線が通じ、国道1号、国道151号と小坂井バイパスが走る。地名は段丘崖(がい)の小坂、崖下の湧泉(ゆうせん)(井)から由来するという。第二次世界大戦後の都市化で農村から工業・住宅地区へ変わっている。農作物は米のほか、ブドウ、トマトなどで、畜産も盛ん。工業は食品、輸送用機具などがある。菟足(うたり)神社の大般若(だいはんにゃ)経は国指定重要文化財。同社では、4月に「風まつり」が行われ、郷土玩具(がんぐ)の風車が売られる。[伊藤郷平]
『『小坂井町誌』(1976・小坂井町) ▽『小坂井町史』(2004~ ・小坂井町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小坂井の関連キーワード愛知県豊川市市田町愛知県豊川市一宮町愛知県豊川市豊川栄町愛知県豊川市豊川町愛知県豊川市豊川仲町愛知県豊川市豊川西町愛知県豊川市豊川元町愛知県豊川市南大通愛知県豊川市南千両愛知県豊川市森

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小坂井の関連情報