コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小坂井 こざかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小坂井
こざかい

愛知県南東部,豊川市南部の旧町域。豊川の河口近くに位置する。1926年町制。2010年豊川市に編入農村施設園芸も行なわれてきたが,第2次世界大戦後工業化が進み,軍需工場跡に紡績乳製品鉄鋼,車輛などの工場が進出。さらに東三河工業整備特別地域に指定され,工業化,宅地化が進展した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小坂井
こざかい

愛知県南東部、宝飯(ほい)郡にあった旧町名(小坂井町(ちょう))。現在は豊川(とよかわ)市の南部に位置する地域。豊川(とよがわ)右岸の段丘と沖積地を占める。1926年(大正15)町制施行。2010年(平成22)、豊川市へ編入。JR東海道本線、飯田(いいだ)線、名古屋鉄道本線が通じ、国道1号、国道151号と小坂井バイパスが走る。地名は段丘崖(がい)の小坂、崖下の湧泉(ゆうせん)(井)から由来するという。第二次世界大戦後の都市化で農村から工業・住宅地区へ変わっている。農作物は米のほか、ブドウ、トマトなどで、畜産も盛ん。工業は食品、輸送用機具などがある。菟足(うたり)神社の大般若(だいはんにゃ)経は国指定重要文化財。同社では、4月に「風まつり」が行われ、郷土玩具(がんぐ)の風車が売られる。[伊藤郷平]
『『小坂井町誌』(1976・小坂井町) ▽『小坂井町史』(2004~ ・小坂井町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

小坂井の関連キーワードこれはあなたの母/沢田美喜と混血児たち尾上 菊五郎(5代目)市川 団十郎(9代目)モルガン・ユキ愛知県豊川市風車(玩具)豊川(市)欠山遺跡欠山貝塚沢田美喜サンビシ豊橋平野段丘

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小坂井の関連情報