コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小川義綏 おがわよしやす

4件 の用語解説(小川義綏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小川義綏
おがわよしやす

[生]天保2(1831).武蔵,多摩
[没]1912.12.19.
日本最初の牧師。農民の子として出生。文久3 (1863) 年神奈川に出て J.H.バラを訪れ,D.タムソンに紹介されたのを機に,彼の日本語教師となり,かたわら『ヨブ記』翻訳を手伝う。明治2 (69) 年 38歳のとき,タムソンから受洗。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小川義綏 おがわ-よしやす

1831-1912 明治時代の牧師。
天保(てんぽう)2年10月生まれ。慶応元年横浜にでて宣教師タムソンの日本語教師となり,タムソンとともに「旧約聖書」の「ヨブ記」を翻訳。明治2年洗礼をうける。5年日本基督(キリスト)公会(横浜公会)を創立。長老として各地で伝道活動をおこなった。10年奥野昌綱らとともに日本最初の牧師となる。大正元年12月19日死去。82歳。武蔵(むさし)多摩郡(東京都)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小川義綏

没年:大正1.12.19(1912)
生年:天保2(1831)
明治時代キリスト教牧師。武蔵国多摩郡(府中市)の農家の長男。文久3(1863)年に新生活を求めて横浜に行く。宣教師J.H.バラの紹介でD.タムソンの日本語教師になり,聖書の日本語訳の手伝いをする。明治2(1869)年にタムソンから受洗。最初のプロテスタント教会である日本基督公会(1872年建立,バラ仮牧師)の長老に,さらに翌年に東京基督公会(タムソン仮牧師)が建立されたときも長老になる。郷里伝道をする。同10年には,按手礼を受けて日本人で最初の牧師となる。牛込(牛込払方町)教会,浅草(池袋西)教会で働き1300人以上に洗礼を施す。<参考文献>松岡喬一「小川義綏略伝」(『多摩文化』5号)

(原島正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おがわよしやす【小川義綏】

1831‐1912(天保2‐大正1)
キリスト教伝道者,牧師。武蔵国多摩の農民の子であったが,武家の嗣子となり,その教育を受ける。D.トムソンの日本語教師となり,彼やJ.H.バラの感化で,キリスト教の禁制が解けていなかった1869年,キリストのために生命を棄てる決意で受洗。72年設立の横浜公会,73年設立の東京公会で日本最初の長老に選ばれ,奥野昌綱と多摩,千葉に伝道し,77年日本基督一致教会設立のとき教師となり,牛込,浅草,明星教会の牧師を歴任した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小川義綏の関連キーワード石原謙高木壬太郎キリスト教会耶蘇キリスト教徒ムラカキリスト教会マラッカのキリスト教会東京都西多摩郡瑞穂町武蔵市川栄之助松野菊太郎

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone