コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小川義綏 おがわよしやす

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小川義綏
おがわよしやす

[生]天保2(1831).武蔵,多摩
[没]1912.12.19.
日本最初の牧師。農民の子として出生。文久3 (1863) 年神奈川に出て J.H.バラを訪れ,D.タムソンに紹介されたのを機に,彼の日本語教師となり,かたわら『ヨブ記』翻訳を手伝う。明治2 (69) 年 38歳のとき,タムソンから受洗。同5 (72) 年横浜の日本基督公会設立に参加し長老となる。翌年バラとともに上京し築地に東京日本基督公会 (新栄橋教会) を設立し長老となる。 1877年日本基督一致教会が成立した際,按手礼を受けて奥野昌綱とともに日本最初の牧師となる。以後牛込,浅草,明星教会などの牧師をつとめ,巡回伝道にも大いに活躍した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小川義綏 おがわ-よしやす

1831-1912 明治時代の牧師。
天保(てんぽう)2年10月生まれ。慶応元年横浜にでて宣教師タムソンの日本語教師となり,タムソンとともに「旧約聖書」の「ヨブ記」を翻訳。明治2年洗礼をうける。5年日本基督(キリスト)公会(横浜公会)を創立。長老として各地で伝道活動をおこなった。10年奥野昌綱らとともに日本最初の牧師となる。大正元年12月19日死去。82歳。武蔵(むさし)多摩郡(東京都)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小川義綏

没年:大正1.12.19(1912)
生年:天保2(1831)
明治時代のキリスト教牧師。武蔵国多摩郡(府中市)の農家の長男。文久3(1863)年に新生活を求めて横浜に行く。宣教師J.H.バラの紹介でD.タムソンの日本語教師になり,聖書の日本語訳の手伝いをする。明治2(1869)年にタムソンから受洗。最初のプロテスタント教会である日本基督公会(1872年建立,バラ仮牧師)の長老に,さらに翌年に東京基督公会(タムソン仮牧師)が建立されたときも長老になる。郷里伝道をする。同10年には,按手礼を受けて日本人で最初の牧師となる。牛込(牛込払方町)教会,浅草(池袋西)教会で働き1300人以上に洗礼を施す。<参考文献>松岡喬一「小川義綏略伝」(『多摩文化』5号)

(原島正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おがわよしやす【小川義綏】

1831‐1912(天保2‐大正1)
キリスト教伝道者,牧師。武蔵国多摩の農民の子であったが,武家の嗣子となり,その教育を受ける。D.トムソンの日本語教師となり,彼やJ.H.バラの感化で,キリスト教の禁制が解けていなかった1869年,キリストのために生命を棄てる決意で受洗。72年設立の横浜公会,73年設立の東京公会で日本最初の長老に選ばれ,奥野昌綱と多摩,千葉に伝道し,77年日本基督一致教会設立のとき教師となり,牛込,浅草,明星教会の牧師を歴任した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小川義綏の関連キーワード横浜バンド

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android