コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小河内ダム おごうちダム

6件 の用語解説(小河内ダムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小河内ダム
おごうちダム

東京都北西端,多摩川上流奥多摩町にあるダム。東京都の上水道貯水池計画に伴ってできた非溢流型直線重力式コンクリートダム (→重力ダム ) で,高さ 149m,基底幅 131m,堤頂長 353m,頂標高は約 530m,有効貯水量約1億 9000万m3

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おごうち‐ダム〔をがふち‐〕【小河内ダム】

東京都奥多摩町の多摩川上流にあるダム。東京への給電・給水用として昭和32年(1957)に完成。奥多摩湖が貯水池。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

小河内ダム【おごうちダム】

奥多摩湖

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

小河内(おごうち)ダム

東京都西多摩郡奥多摩町の多摩川水系多摩川に位置する上水道・発電用のダム。1957年竣工の非越流型直線重力式コンクリートダムで、総貯水量は189,100,000立方メートルと、水道用ダムの貯水量としては国内最大級。昭和13年に起工、太平洋戦争を挟み19年にも及ぶ歳月をかけ建設された。ダム湖は奥多摩湖呼ばれる

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おごうちダム【小河内ダム】

東京都西多摩郡奥多摩町の多摩川上流に東京都が建設した上水道を主とし,洪水調節,発電,灌漑に用いる多目的ダム。形式は重力ダムで,高さはこの形式で日本第4位の149m,堤頂長353m,堤体積167万m3,貯水池(奥多摩湖)の湛水(たんすい)面積は4.25km2,総貯水量1.9億m3,有効貯水量1.85億m3,下流の多摩川第1発電所の最大出力は1.9万kW。計画そのものは早くからあり,1926年に東京市議会の決議によって計画され,38年に着工した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小河内ダム
おごうちだむ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の小河内ダムの言及

【ダム】より

…高さ157m),佐久間ダム(愛知・静岡県境。高さ155.5m),小河内ダム(東京都。高さ149m),早明浦ダム(高知県。…

※「小河内ダム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小河内ダムの関連情報