奥多摩湖(読み)おくたまこ

日本大百科全書(ニッポニカ)「奥多摩湖」の解説

奥多摩湖
おくたまこ

東京都西多摩郡奥多摩町の西端、多摩川上流にある人造湖。東京都民の上水道供給のため、1938年(昭和13)小河内ダム(おごうちだむ)が着工、第二次世界大戦で一時中断されたが、戦後の1948年再開され、1957年完成して湖が出現した。総経費約200億円、947世帯の移転家屋と87人の殉職者を出す。小河内ダムは、高さ149メートル、長さ353メートル、頂幅11.6メートルの非溢流(ひいつりゅう)型直線重力式コンクリートダムで、水道用ダムとして世界有数の規模である。湖の満水面積は4.25平方キロメートル、総貯水量1億8910万立方メートル、五つの橋が架かり、ニジマス、ヤマメ、ハヤ釣りの名所となっている。秩父多摩甲斐(ちちぶたまかい)国立公園に属する。JR青梅(おうめ)線奥多摩駅からバス20分。

沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「奥多摩湖」の解説

奥多摩湖
おくたまこ

東京都の北西端,多摩川の上流にある人造湖。東京都と山梨県にまたがる。 1957年完成した小河内ダムによりできた東京都の水道用人工湖で,満水延長約 14km,最大水深約 142m,面積 4.25km2。ダム完成とともに観光地となり,行楽客が多い。ダム完成と前後して山梨県境を越える舗装自動車道路が完成,観光地向きの休養施設もある。小河内温泉鶴のは水没したが,新たに奥多摩湖温泉が開設された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「奥多摩湖」の解説

奥多摩湖【おくたまこ】

東京都奥多摩町,多摩川上流にある小河内(おごうち)ダムの貯水池。有効貯水量1億8540万m3。ダムは東京都の上水道用水確保のため1957年建設された高さ149m,長さ353mの重力式ダム。給水能力は1日約42万5000m3。下流の羽村で取水,玉川上水により狭山湖,多摩湖に導水する。一帯は秩父多摩甲斐国立公園中の大水源林で風光にすぐれる。
→関連項目奥多摩奥多摩[町]多摩川

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラス「奥多摩湖」の解説

奥多摩湖

東京都西多摩郡奥多摩町の多摩川水系多摩川にある小河内ダムのダム湖。秩父多摩甲斐国立公園内に位置し、周辺には遊歩道展望台、ビジターセンターなどがある。ドラム缶の浮き橋が名物。2005年、財団法人水源地環境センターによりダム湖百選に選定された。正式名称は「小河内貯水池」。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典「奥多摩湖」の解説

おくたま‐こ【奥多摩湖】

東京都北西端、多摩川の上流にある人造湖。昭和三二年(一九五七)小河内ダム建設によって生まれた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の奥多摩湖の言及

【小河内ダム】より

…東京都西多摩郡奥多摩町の多摩川上流に東京都が建設した上水道を主とし,洪水調節,発電,灌漑に用いる多目的ダム。形式は重力ダムで,高さはこの形式で日本第4位の149m,堤頂長353m,堤体積167万m3,貯水池(奥多摩湖)の湛水(たんすい)面積は4.25km2,総貯水量1.9億m3,有効貯水量1.85億m3,下流の多摩川第1発電所の最大出力は1.9万kW。計画そのものは早くからあり,1926年に東京市議会の決議によって計画され,38年に着工した。…

※「奥多摩湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android