コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小牧・長久手の戦 こまきながくてのたたかい

1件 の用語解説(小牧・長久手の戦の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こまきながくてのたたかい【小牧・長久手の戦】

羽柴(豊臣)秀吉と織田信雄(のぶかつ)・徳川家康との間で,尾張の小牧・長久手を中心として広範な地域にわたった戦い。織田信長の死後,秀吉がしだいに勢力を得るにしたがい,両者の対立関係は激化した。1584年(天正12)3月秀吉軍は伊勢方面から侵攻し,その間に北尾張に飛火して秀吉方の池田恒興が犬山城を占拠したが,家康が小牧山に布陣したので尾張北部からの侵攻は困難となった。家康は土佐の長宗我部氏や紀伊の雑賀,根来一揆と結び,大坂の背後をおびやかさせたので秀吉の東下が遅れた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の小牧・長久手の戦の言及

【池田恒興】より

…82年の本能寺の変後は羽柴(豊臣)秀吉にくみして明智光秀を山崎に破り,また織田氏の遺領を処分するため清須会議に参加し,父子で大坂・尼崎・兵庫12万石余を領した。83年大坂を秀吉に譲って美濃大垣に移り,翌年秀吉と織田信雄・徳川家康が争った小牧・長久手の戦では秀吉につき,戦線の膠着(こうちやく)状態を打破するため三河岡崎への奇襲戦を献策,羽柴秀次・堀秀政・森長可らと尾張長久手まで進出したところを家康に追撃され,4月9日長男之助とともに戦死した。【岩沢 愿彦】。…

【滝川一益】より

清須会議の後,織田信孝,柴田勝家と同盟して豊臣秀吉と争ったが,83年7月秀吉に降伏した。翌年,小牧・長久手の戦で膠着状態になったとき,尾張南岸に橋頭堡を確保する作戦から秀吉に用いられた。織田信雄の本拠長島城と清須城の中間にあり,一益旧縁の地である蟹江城を海上からの鉄砲奇襲作戦と内応策で奪い取ったが,《老人雑話》が〈蟹江の軍は東照宮一世の勝事なり〉と表現するような家康軍の猛攻によって開城した。…

【森長可】より

…織田信長に仕え,伊勢長島一揆征伐,三河長篠の戦,甲州征伐などに戦功をたて,1582年信濃更科以下4郡20万石余を与えられた。84年,信長の死後織田信雄(のぶかつ)・徳川家康と羽柴(豊臣)秀吉とが争い小牧・長久手の戦が起こったとき,舅(しゆうと)池田恒興(つねおき)とともに秀吉にくみし,4月9日長久手で戦死した。長可はこの戦いに臨み遺言状を作り尾藤甚右衛門に後事を託したが,その内容は当時の武将の考え方を如実に示すものであった(下村誠所蔵文書)。…

※「小牧・長久手の戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小牧・長久手の戦の関連情報