コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小鹿野[町] おがの

世界大百科事典 第2版の解説

おがの【小鹿野[町]】

埼玉県西部,群馬県に接する秩父郡の町。人口1万2451(1995)。秩父盆地の北西にあり,荒川の支流赤平川が東流する。町の東部は秩父盆地,ほかは秩父山地の山間を占める。中心集落の小鹿野は赤平川の谷口集落で,江戸時代には絹の取引が行われた市場町であった。志賀坂峠をこえて上州に通じる国道299号線沿いに町並みが発達し,西秩父の行政・商業の中心となっている。1970年代,電気部品,精密機器などの中小工場がふえ,一時的に人口減少に歯止めがかかったが,近年再び減少してきている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

小鹿野[町]の関連キーワード両神山

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android