小鹿野町(読み)おがの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小鹿野〔町〕
おがの

埼玉県西部,秩父盆地西部にある町。赤平川とその支流の小森川流域に集落を形成し,北西で群馬県に接する。 1889年町制。 1955年長若村,1956年三田川村,倉尾村の2村,2005年両神村とそれぞれ合体。秩父盆地の中心地の一つで,江戸時代には中山道裏街道宿場町市場町として栄えた。シイタケなどの林産物やキュウリ,コンニャク集散地。西部の両神山一帯は秩父多摩甲斐国立公園および両神県立自然公園に,北西部の山岳地帯は西秩父県立自然公園に属する。赤平川に沿って国道 299号線が横断し,志賀坂峠で群馬県に抜ける。面積 171.26km2。人口 1万2117(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小鹿野町の関連情報