コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾西[市] びさい

百科事典マイペディアの解説

尾西[市]【びさい】

愛知県北西端,木曾川左岸にある旧市。1955年市制。美濃街道宿場渡し場として発達した起(おこし)地区が中心。江戸時代から綿織物の産で知られ,次いで絹織物,明治以降は毛織物に転じて,現在は尾西織物工業地域の一中心をなす。中小規模の工場が多く,服地の生産が主であるが,近年はプラスチック工業も進出している。名鉄尾西線が通じる。岐阜県羽島市濃尾大橋で連絡。2005年4月葉栗郡木曾川町と一宮市へ編入。22.01km2。5万8388人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

びさい【尾西[市]】

愛知県北西端に位置する市。1955年市制。人口5万7124(1995)。尾西織物工業の中心地として知られる。江戸時代,起(おこし)は美濃路の宿場で,木曾川には美濃側への渡船場が設けられていた。自然堤防が卓越する地域のため古くから野菜をつくり,名古屋へ供給してきたが,特にワタ作は盛んで,江戸時代後期に織物業が発達した。明治期に入り,絹綿交織の織物の全盛期をむかえたが,明治30年代ごろから毛織物業に転じ,以後,隣接する一宮市とともに日本を代表する毛織物産地へと成長した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android