場合(読み)バアイ

  • ばあい ‥あひ
  • ばあい〔あひ〕
  • ばやい ばやひ

デジタル大辞泉の解説

物事が行われているときの状態・事情。局面。「場合場合だけに慎重な判断が必要だ」「時と場合による」「遊んでいる場合ではない」
もし、ある事が起こったとき。そうなった折。「万一の場合に備える」
…に関して。…について言えば。「君の場合合格が難しい」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

物事が行われているときの、事情や状況。局面。 時と-による -が-だけに慎重に考える
連体修飾語を伴って形式名詞的に用いられる。
仮定的・一般的にある状況になったとき。…のとき。緊急の-は電話で知らせる雨が降った-は中止する
…に関して言えば。彼の-は例外である

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「ばやい」とも)
① (━する) その場面、情況にふさわしい、または適切な処置をすること。
※歌舞伎・五大力恋緘(1793)序幕「何となりとも場合(バアヒ)をして貰うて下さんせや」
② ある物事が行なわれている、または起こりそうな、ちょうどその時・その場面。また、ある物事の置かれている、または、仮定する、その事情や情況。その事態。法律では、仮定条件が二つ重なるときに、大きい方の条件に「場合」を用い、小さい方の条件には「とき」を使って区別する。
※歌舞伎・五大力恋緘(1793)三幕「ひょんな場合になったワイの」
③ 劇などの場面。
※百学連環(1870‐71頃)〈西周〉一「忠臣蔵の芝居の如く、愁歎の場合の後ちは又変して歓喜の場合となすが如きものなり」
④ 芸娼妓が情夫などに逢うために、短時間客席を抜け出ること。場合を切ること。
※洒落本・阿蘭陀鏡(1798)三「毎晩毎晩ちょいといきの、ちょいとばやいに、ゑらわあゑらわあさんじゃ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

場合の関連情報