場合(読み)バアイ

デジタル大辞泉の解説

ば‐あい〔‐あひ〕【場合】

物事が行われているときの状態・事情。局面。「場合場合だけに慎重な判断が必要だ」「時と場合による」「遊んでいる場合ではない」
もし、ある事が起こったとき。そうなった折。「万一の場合に備える」
…に関して。…について言えば。「君の場合合格が難しい」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばあい【場合】

物事が行われているときの、事情や状況。局面。 「時と-による」 「 -が-だけに慎重に考える」
連体修飾語を伴って形式名詞的に用いられる。
仮定的・一般的にある状況になったとき。…のとき。 「緊急の-は電話で知らせる」 「雨が降った-は中止する」
…に関して言えば。 「彼の-は例外である」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ば‐あい ‥あひ【場合】

〘名〙 (「ばやい」とも)
① (━する) その場面、情況にふさわしい、または適切な処置をすること。
※歌舞伎・五大力恋緘(1793)序幕「何となりとも場(バアヒ)をして貰うて下さんせや」
② ある物事が行なわれている、または起こりそうな、ちょうどその時・その場面。また、ある物事の置かれている、または、仮定する、その事情や情況。その事態。法律では、仮定条件が二つ重なるときに、大きい方の条件に「場合」を用い、小さい方の条件には「とき」を使って区別する。
※歌舞伎・五大力恋緘(1793)三幕「ひょんな場合になったワイの」
③ 劇などの場面。
※百学連環(1870‐71頃)〈西周〉一「忠臣蔵の芝居の如く、愁歎の場合の後ちは又変して歓喜の場合となすが如きものなり」
④ 芸娼妓が情夫などに逢うために、短時間客席を抜け出ること。場合を切ること。
洒落本・阿蘭陀鏡(1798)三「毎晩毎晩ちょいといきの、ちょいとばやいに、ゑらわあゑらわあさんじゃ」

ばやい ばやひ【場合】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

場合の関連情報