コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊野詣で くまのもうで

4件 の用語解説(熊野詣での意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熊野詣で
くまのもうで

熊野詣でともいう。和歌山県南東部にある熊野三山に祈願を立てて参詣すること。奈良の大峰山信仰の延長として天台宗系の修験者によって宣伝され,平安時代,特に院政末期に上皇を中心とする貴族間に流行した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くまの‐もうで〔‐まうで〕【熊野詣で】

熊野三社に参詣すること。熊野参詣

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くまのもうで【熊野詣で】

熊野三山に参拝すること。また、その人。熊野参詣。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熊野詣で
くまのもうで

紀伊の熊野三山(本宮・新宮・那智(なち))への参詣(さんけい)。熊野が本州最南端の風光絶佳な霊地であることと、早くから山岳宗教の中心となった大和(やまと)の金峰山(きんぶせん)、大峰(おおみね)(山上ヶ岳(さんじょうがたけ))から山脈を伝わって海辺に達するとそこが熊野の地であったことから、山岳宗教の最適の修行場として多くの修行者、聖(ひじり)、山伏たちのあこがれの的となった。貴族のなかにもここに心を寄せるものが多く、花山(かざん)法皇は山岳抖(とそう)の途次、熊野山に立ち寄ったと伝えられる。その後、上皇、法皇が熊野詣でを企てることがしきりとなり、実現した御幸(みゆき)の度数は、平安後期から鎌倉前期のいわゆる「院政時代」に集中し、白河(しらかわ)上皇十度、鳥羽(とば)上皇二十一度、崇徳(すとく)天皇一度、後白河(ごしらかわ)上皇三十四度、後鳥羽上皇二十八度、後嵯峨(ごさが)上皇三度、亀山(かめやま)上皇一度など総計百度を超す。もちろんこれらのなかには、同時に相伴われて参られた例もあるが、ほとんどが京都での「精進屋入(しょうじんやいり)」から始め、先達(せんだつ)の勧める祈願の諸方式を守りつつ、熊野への沿道の官吏や荘園(しょうえん)関係者などの多大の負担を伴いつつ行われたものであった。
 熊野は他の山岳と異なり、女性の参詣に寛大であったから、上皇に随従する女院・女官の人々の参加は王朝文化の広がりのうえにも意味をもった。早い時期に陸奥(むつ)から年参りの誓いをたて、熊野の神と神詠を交わした(『奥儀抄』)とか、藤原定家(ていか)が1201年(建仁1)後鳥羽上皇の熊野詣でに随行して、率直にその経験・印象を書き留めた『後鳥羽院熊野御幸記(ごこうき)』とか、熊野詣では幾多の宗教文化史的事実と挿話に彩られている。[萩原龍夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熊野詣での関連キーワード那智三熊野吉野詣で和歌山県御坊市熊野和歌山県田辺市熊野熊野川〈町〉和歌山県新宮市熊野地和歌山県和歌山市毛見和歌山県東牟婁郡太地町和歌山県和歌山市吹上

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

熊野詣での関連情報