コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山藍 ヤマアイ

デジタル大辞泉の解説

やま‐あい〔‐あゐ〕【山藍】

トウダイグサ科の多年草。山地に群生し、高さ約40センチ。地下茎は白く、乾くと紫色になる。茎は角ばっていて、長楕円形の葉が対生。雌雄異株。4~7月、緑色の小花を穂状につける。昔、葉から染料をとったといわれる。やまい。
リュウキュウアイの別名。

やまい〔やまゐ〕【山藍】

やまあい(山藍)」の音変化。
「あしひきの―に摺(す)れる衣をば神につかふるしるしとぞ思ふ」〈拾遺・雑秋〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やまあい【山藍】

トウダイグサ科の多年草。山中の林内に生える。茎は四稜あり、高さ約40センチメートル。葉は対生し、卵状長楕円形。雌雄異株。春から夏、葉腋ようえきに長い花穂をつける。古くは葉を藍染めの染料とした。

やまい【山藍】

「やまあい」の転。歌では「山井」にかけて用いる。 「あしひきの-にすれる衣をば/拾遺 雑秋

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山藍 (ヤマアイ・ヤマイ)

学名:Mercurialis leiocarpa
植物。トウダイグサ科多年草,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

山藍の関連キーワード渡る世間は鬼ばかり 2001年春スペシャル春の二時間スペシャル 渡る世間は鬼ばかりこちら55号応答せよ! 危機百発コント55号水前寺清子の大勝負男はつらいよ 望郷篇橋のない川 第二部渡る世間は鬼ばかり笑顔泣き顔ふくれ顔肝っ玉かあさんもういちど家族となりの芝生月夜のうさぎ乳房よ永遠に家族の物語愛ってなに女と味噌汁橋のない川青摺りの衣ああわが家襅・千早

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android