コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山香 やまが

3件 の用語解説(山香の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山香
やまが

大分県北東部,杵築市西部の旧町域。国東半島の基部にある。 1951年中山香町,東山香村,上村が合体して発足。 1955年立石町,山浦村と合体。 2005年杵築市,大田村と合体して杵築市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やま‐こうばし〔‐かうばし〕【山香】

クスノキ科の落葉低木。山地に自生。樹皮は灰褐色で、枝を折ると芳香がある。葉は長楕円形で両端がとがり、裏面は灰白色雌雄異株。春、淡黄緑色の小花を数個密生してつけ、実は丸く黒い。山胡椒。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山香
やまが

大分県北東部、速見(はやみ)郡にあった旧町名(山香町(まち))。現在は杵築(きつき)市の西半にあたる地域。旧山香町は1951年(昭和26)市場町の中山香町と、東山香、上(かみ)の2村が合併して改称。1955年立石(たていし)5000石の小陣屋町の立石町、山浦村と合併。2005年(平成17)杵築市に合併。旧町名は古代の郷(ごう)名による。JR日豊(にっぽう)本線と国道10号が通じる。国東(くにさき)半島頸部(けいぶ)山地と耶馬渓(やばけい)溶岩台地東部に囲まれ、別府(べっぷ)湾に注ぐ八坂(やさか)川の河谷盆地の米作が主産業。ほかに野菜栽培、ウシ・ブタ・ニワトリの飼育、林業がある。鹿鳴越(かなごえ)山地は第二次世界大戦後、畜産・酪農地として開拓が進んだ。馬上(ばじょう)金山は1910年代に繁栄した。山浦の石風呂(いしぶろ)は国指定重要有形民俗文化財。[兼子俊一]
『『山香町誌』(1982・山香町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山香の関連キーワード大分県杵築市相原大分県杵築市大田石丸大分県杵築市大田小野大分県杵築市大田波多方大分県杵築市杵築大分県杵築市中大分県杵築市奈多大分県杵築市日野大分県杵築市南杵築大分県杵築市守江

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山香の関連情報