コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山香 やまが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山香
やまが

大分県北東部,杵築市西部の旧町域。国東半島の基部にある。 1951年中山香町,東山香村,上村が合体して発足。 1955年立石町,山浦村と合体。 2005年杵築市,大田村と合体して杵築市となった。八坂川,立石川流域の河谷と周辺の低い山地からなる。中心集落の中山香は豊前街道に沿う市場町として栄え,その北西方の立石は日出藩支藩立石藩 5000石の小城下町であった。温暖な気候をいかした米作,畜産が盛ん。新テッポウユリ (鉄砲百合) などが特産品。石造宝塔,板碑など仏教文化の遺跡が多い。山浦にある山香の石風呂は国の重要有形民俗文化財

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山香
やまが

大分県北東部、速見(はやみ)郡にあった旧町名(山香町(まち))。現在は杵築(きつき)市の西半にあたる地域。旧山香町は1951年(昭和26)市場町の中山香町と、東山香、上(かみ)の2村が合併して改称。1955年立石(たていし)5000石の小陣屋町の立石町、山浦村と合併。2005年(平成17)杵築市に合併。旧町名は古代の郷(ごう)名による。JR日豊(にっぽう)本線と国道10号が通じる。国東(くにさき)半島頸部(けいぶ)山地と耶馬渓(やばけい)溶岩台地東部に囲まれ、別府(べっぷ)湾に注ぐ八坂(やさか)川の河谷盆地の米作が主産業。ほかに野菜栽培、ウシ・ブタ・ニワトリの飼育、林業がある。鹿鳴越(かなごえ)山地は第二次世界大戦後、畜産・酪農地として開拓が進んだ。馬上(ばじょう)金山は1910年代に繁栄した。山浦の石風呂(いしぶろ)は国指定重要有形民俗文化財。[兼子俊一]
『『山香町誌』(1982・山香町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山香 (ヤマコウバシ)

学名:Benzoin glaucum
植物。クスノキ科の落葉低木

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

山香の関連キーワード春日千千速真若比売岐阜県山県市大桑テレビせとうち大分県杵築市佐久間[町]東北工業大学山県(市)北沙城古墳杵築(市)ミアジル鉱古屋 芳雄山香[町]川根[町]緒方 孝男東北放送鳥山芝軒清水 宏黒井一楽木下俊愿遠江国

山香の関連情報