コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山香 やまが

3件 の用語解説(山香の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山香
やまが

大分県北東部,杵築市西部の旧町域。国東半島の基部にある。 1951年中山香町,東山香村,上村が合体して発足。 1955年立石町,山浦村と合体。 2005年杵築市,大田村と合体して杵築市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

やま‐こうばし〔‐かうばし〕【山香】

クスノキ科の落葉低木。山地に自生。樹皮は灰褐色で、枝を折ると芳香がある。葉は長楕円形で両端がとがり、裏面は灰白色雌雄異株。春、淡黄緑色の小花を数個密生してつけ、実は丸く黒い。山胡椒。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山香
やまが

大分県北東部、速見(はやみ)郡にあった旧町名(山香町(まち))。現在は杵築(きつき)市の西半にあたる地域。旧山香町は1951年(昭和26)市場町の中山香町と、東山香、上(かみ)の2村が合併して改称。1955年立石(たていし)5000石の小陣屋町の立石町、山浦村と合併。2005年(平成17)杵築市に合併。旧町名は古代の郷(ごう)名による。JR日豊(にっぽう)本線と国道10号が通じる。国東(くにさき)半島頸部(けいぶ)山地と耶馬渓(やばけい)溶岩台地東部に囲まれ、別府(べっぷ)湾に注ぐ八坂(やさか)川の河谷盆地の米作が主産業。ほかに野菜栽培、ウシ・ブタ・ニワトリの飼育、林業がある。鹿鳴越(かなごえ)山地は第二次世界大戦後、畜産・酪農地として開拓が進んだ。馬上(ばじょう)金山は1910年代に繁栄した。山浦の石風呂(いしぶろ)は国指定重要有形民俗文化財。[兼子俊一]
『『山香町誌』(1982・山香町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山香の関連情報