コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡村柿紅 オカムラシコウ

5件 の用語解説(岡村柿紅の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おかむら‐しこう〔をかむら‐〕【岡村柿紅】

[1881~1925]劇作家。高知の生まれ。本名は久寿治。市村座の経営の責任者としても活躍。「身替座禅」「棒しばり」などの舞踊劇、世話狂言椀久末松山(わんきゅうすえのまつやま)」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡村柿紅 おかむら-しこう

1881-1925 明治-大正時代の劇評家,劇作家。
明治14年9月14日生まれ。中央新聞,二六新報などで劇評を担当し,明治44年「演芸倶楽部(クラブ)」の編集主任となる。大正4年市村座顧問となる。翌年「新演芸」を創刊。劇作家として6代尾上菊五郎らのために脚本をかいた。大正14年5月6日死去。45歳。高知県出身。本名は久寿治。作品に「身替坐禅」「棒しばり」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

岡村柿紅

没年:大正14.5.6(1925)
生年:明治14.9.14(1881)
明治大正期の劇作家,劇評家。本名久寿治。高知市生まれ。叔母は女義太夫の2代目竹本東玉。明治34(1901)年以後,『中央新聞』『二六新報』『読売新聞』で劇評を担当。その間文士劇に参加。44年より『演芸倶楽部』(博文館)の編集主任。大正4(1915)年,市村座の田村成義に招かれて同座の顧問として6代目尾上菊五郎の相談相手となり,5年からは『新演芸』(玄文社)の主幹として劇作にも励んだ。田村没後は嗣子寿二郎を助けて市村座の経営に尽くした。作品に「椀久末松山」「傾城三度笠」などの脚本のほか,能狂言に取材した舞踊劇「身替座禅」「棒しばり」「悪太郎」などがある。<参考文献>『日本戯曲全集/現代篇』2巻

(菊池明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おかむらしこう【岡村柿紅】

1881~1925) 劇作家。高知県生まれ。本名、久寿治。芸能雑誌の編集にもたずさわり、また市村座の運営にも手腕をしめした。脚本「椀久末松山わんきゆうすえのまつやま」「傾城けいせい三度笠」のほか舞踊劇「棒しばり」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡村柿紅
おかむらしこう
(1881―1925)

劇作家。本名久寿治。高知市生まれ。叔母は女義太夫(ぎだゆう)の名手2世竹本東玉(とうぎょく)。1901年(明治34)から中央新聞、二六新報、読売新聞などで劇評家として活躍。ついで『演芸倶楽部(くらぶ)』の編集、『新演芸』の主筆。15年(大正4)田村成義(なりよし)に招かれて市村座に入り、6世尾上(おのえ)菊五郎を助け、のち経営に参加した。作品に『椀久末松山(わんきゅうすえのまつやま)』『傾城三度笠(けいせいさんどがさ)』などもあるが、本領は舞踊劇で、狂言に取材した『身替座禅(みがわりざぜん)』『棒しばり』『悪太郎』などがある。[菊池 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の岡村柿紅の言及

【悪太郎】より

…1924年6月東京市村座初演。悪太郎=2世市川猿之助(猿翁),作詞岡村柿紅,作曲4世杵屋佐吉,振付2世花柳寿輔。【目代 清】。…

【新演芸】より

…歌舞伎中心の《演芸画報》に対抗し,より高級で広い視野の演劇誌を目ざして編集。主筆岡村柿紅,編集主任安部豊。毎月東西各座の舞台写真,商業演劇の紹介,研究,評論のほか,新劇などの記事も積極的に取り上げた。…

【身替座禅】より

…1910年3月東京市村座初演。作詞岡村柿紅。作曲6世岸沢古式部と5世杵屋巳太郎。…

【椀久末松山】より

…2幕3場。岡村柿紅作。1912年1月東京市村座初演。…

※「岡村柿紅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

岡村柿紅の関連キーワード高安月郊大村嘉代子瀬戸英一(初代)高谷伸辻聴花永井素岳水木京太山崎紫紅演劇新潮劇評家

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岡村柿紅の関連情報