コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水産教育 すいさんきょういく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水産教育
すいさんきょういく

水産に関する職業に従事する者に必要な専門的な知識,技能を授ける教育。明治前期,農商務省の指導のもとで,その所轄機関の水産講習所を中心にして始められたが,1901年に文部省によって「水産学校規定」が定められ,これに準拠して宮城,岩手両県に県立水産学校が創立,水産教育の端緒が開かれた。現在の学校教育では主として,高等学校の水産関係学科,大学の水産学部,水産学科などで行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水産教育
すいさんきょういく

農業や工業と並ぶ産業教育の一分野であり、主として高等学校の水産科の教育をいい、広義には、大学の水産学の教育や、企業や公共団体の行う水産講習などを含む。
 日本の水産教育は、初め勧農行政の一環として、また農業教育の一部として推進された。明治20年代に府県立の水産試験場や水産講習所が設立され始めたが、大日本水産会が1889年(明治22)に設けた水産伝習所は、1897年に農商務省の直轄する国立の水産講習所(のちの東京水産大学。現東京海洋大学)となった。
 文部省は、初め実業補習学校の一部として水産教育を助成したが、1901年(明治34)の水産学校規程で水産学校の独立を定めた。それらが第二次世界大戦後に高等学校水産科となり、2000年(平成12)現在47校(うち31校が水産関連科のみからなる)を数える。国立の東京海洋大学(2003年東京水産大学と東京商船大学が統合して成立)のほか、水産学部あるいは水産関連の研究科・講座をもつ大学・大学院があり、大学に準じた水産大学校がある。四面海に囲まれた日本では、本来水産業のもつ役割は大であり、遠洋漁業や養殖漁業の発達や水産資源をめぐる状況の変化に伴い、新しい技術開発のための水産および海洋教育の振興が期待されている。[三好信浩]
『影山昇編著『水産教育と水産学研究』(1995・成山堂書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

水産教育の関連キーワード青年海外協力隊河原田 盛美河原田盛美岡村金太郎

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水産教育の関連情報