コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡田八千代 おかだ やちよ

3件 の用語解説(岡田八千代の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

岡田八千代

小説家・劇作家。広島県生。劇作家小山内薫の妹。洋画家岡田三郎助夫人。成女学校卒。号は芹影。昭和37年(1962)歿、79才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田八千代 おかだ-やちよ

1883-1962 明治-昭和時代の小説家,劇作家。
明治16年12月3日生まれ。小山内薫(おさない-かおる)の妹。明治35年「明星」に作品「めぐりあひ」を発表。洋画家岡田三郎助と結婚,「青鞜(せいとう)」に参加。大正11年児童劇団芽生座を結成,翌年長谷川時雨(しぐれ)と「女人芸術」を創刊した。昭和23年日本女流劇作家会会長。昭和37年2月10日死去。78歳。広島県出身。成女学校卒。号は芹影(きんえい)。戯曲に「黄楊(つげ)の櫛(くし)」,小説に「新緑」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡田八千代
おかだやちよ
(1883―1962)

小説家、劇作家、劇評家。新劇運動の先駆者、小山内薫(おさないかおる)の実妹。広島市生まれ。母方の従兄弟(いとこ)に画家藤田嗣治(つぐじ)や舞踊評論家の蘆原英了(あしはらえいりょう)がいる。兄の影響で早くから文学に親しみ、1902年(明治35)『明星』8月号に発表した小説『めぐりあひ』を処女作に、翌年の『歌舞伎(かぶき)』5月号に芹影女(きんえいじょ)の筆名で劇評を執筆、以後文壇および劇界で華やかな存在となった。06年初戯曲『築島(つきしま)』(史劇)を『明星』に発表。同年末洋画家の岡田三郎助と結婚。三郎助の第2回帝展出品の名作『支那(しな)絹の女』(1920)は彼女がモデルである。11年の青鞜社(せいとうしゃ)結成には賛助員として参加、雑誌『青鞜』に自宅(渋谷区伊達(だて)町)の町名にちなんだ伊達虫子の名で戯曲を発表。13年(大正2)7月には長谷川時雨(しぐれ)と『女人(にょにん)芸術』を創刊。しかし、文壇活動の多忙とともに夫との仲に破綻(はたん)を生じ別居するに至った。39年(昭和14)9月、三郎助没後、伊達町の家に戻った。戦後48年(昭和23)に女流劇作家会をつくり、劇評などを執筆した。代表作に俳優井上正夫をモデルにした長編小説『新緑』(1907)、戯曲『黄楊(つげ)の櫛(くし)』(1912)がある。[土岐迪子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡田八千代の関連キーワード桜田常久東野辺薫青木健作岡本霊華小口みち子木村正路添田さつき寺崎浩野沢純横山美智子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone