コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡義武 おかよしたけ

5件 の用語解説(岡義武の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡義武
おかよしたけ

[生]1902.10.21. 東京
[没]1990.10.5. 東京
政治学者。 1926年東京大学政治学科卒業。 28年同大法学部助教授。 36~38年欧米に留学。帰国後の 39年同大教授。国際政治史との関連のうえでとらえた新たな日本政治外交史を論じ,『黎明期の明治日本』を著わした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

岡義武【おかよしたけ】

昭和期の政治史家。東京都生れ。1926年東大政治学科卒。吉野作造の後継者として,1939年東大法学部政治史講座の担任教授となる。近代ヨーロッパ政治史研究,国際政治史研究に日本の政治史学の礎石となる成果を残し,またこれを背景に近代日本政治史研究を進めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡義武 おか-よしたけ

1902-1990 昭和時代の政治学者。
明治35年10月21日生まれ。岡実の子。昭和14年母校東京帝大の教授,のち学習院大教授。明治以降の日本の政治動向を国際政治との関連で研究,近代日本政治史を体系づけた。61年文化勲章。学士院会員。平成2年10月5日死去。87歳。東京出身。著作に「国際政治史」「近代ヨーロッパ政治史」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おかよしたけ【岡義武】

1902‐90(明治35‐平成2)
昭和期の政治史家。東京都生れ。1926年(大正15)東大政治学科卒。吉野作造の後継者として,39年(昭和14)東大法学部政治史講座担任教授となり,近代ヨーロッパ,近代日本,および国際政治の3領域にわたって,今日の日本の政治史学の礎石を成す業績を達成した。近代ヨーロッパ政治史研究の成果は,太平洋戦争中に完成され,戦争直後に公刊された〈《近代欧州政治史》〉およびそれを補訂した〈《近代ヨーロッパ政治史》(1967)〉に集約されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡義武
おかよしたけ
(1902―1990)

政治史学者。東京都生まれ。1926年(大正15)東京帝国大学法学部政治学科を卒業し、1928年(昭和3)同助教授、1939年同教授となる。1945年『近代欧州政治史』(のち1967年改訂版『近代ヨーロッパ政治史』)、1947年『近代日本の形成』(1962年改訂版『近代日本政治史』)を発表し、近代日本の政治史を国際政治との歴史的な関連でとらえ、独創的な研究成果をあげた。1963年退官後、学習院大学教授。1972年日本学士院会員。1977年文化功労者となり、1986年文化勲章を受章。著書に『黎明(れいめい)期の明治日本―日英交渉史の視角において』『転換期の大正』など。1990年10月5日没。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

岡義武の関連キーワード正岡子規熱雲バルフォアコープランドコワニェベックマンファシン岩タクリー号学鐙グレーザー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岡義武の関連情報