コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡義武 おかよしたけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡義武
おかよしたけ

[生]1902.10.21. 東京
[没]1990.10.5. 東京
政治学者。 1926年東京大学政治学科卒業。 28年同大法学部助教授。 36~38年欧米に留学。帰国後の 39年同大教授。国際政治史との関連のうえでとらえた新たな日本政治外交史を論じ,『黎明期の明治日本』を著わした。第2次世界大戦中も実証主義を貫き,学生時代の師吉野作造から得たリベラリズムの姿勢を捨てなかった。第2次世界大戦後間もなく『近代欧州政治史』 (1945) ,『近代日本の形成』 (47) を発表。また政治史を単に政局といった表層的なものとしてではなく,政治を動かすのも政治家を生み出すのも結局は人間であるという視点から論じた『近代政治家のストラテジー』 (50) ,『山縣有朋』 (58) ,『近衛文麿』 (72) などにより政治学に新風を吹込んだ。晩年にも『近代日本の政治家』 (90) を著わした。 72年学士院会員,77年文化功労者。 86年文化勲章受章

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

岡義武【おかよしたけ】

昭和期の政治史家。東京都生れ。1926年東大政治学科卒。吉野作造後継者として,1939年東大法学部政治史講座の担任教授となる。近代ヨーロッパ政治史研究,国際政治史研究に日本の政治史学の礎石となる成果を残し,またこれを背景に近代日本政治史研究を進めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡義武 おか-よしたけ

1902-1990 昭和時代の政治学者。
明治35年10月21日生まれ。岡実の子。昭和14年母校東京帝大の教授,のち学習院大教授。明治以降の日本の政治動向を国際政治との関連で研究,近代日本政治史を体系づけた。61年文化勲章。学士院会員。平成2年10月5日死去。87歳。東京出身。著作に「国際政治史」「近代ヨーロッパ政治史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おかよしたけ【岡義武】

1902‐90(明治35‐平成2)
昭和期の政治史家。東京都生れ。1926年(大正15)東大政治学科卒。吉野作造の後継者として,39年(昭和14)東大法学部政治史講座担任教授となり,近代ヨーロッパ,近代日本,および国際政治の3領域にわたって,今日の日本の政治史学の礎石を成す業績を達成した。近代ヨーロッパ政治史研究の成果は,太平洋戦争中に完成され,戦争直後に公刊された〈《近代欧州政治史》〉およびそれを補訂した〈《近代ヨーロッパ政治史》(1967)〉に集約されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡義武
おかよしたけ
(1902―1990)

政治史学者。東京都生まれ。1926年(大正15)東京帝国大学法学部政治学科を卒業し、1928年(昭和3)同助教授、1939年同教授となる。1945年『近代欧州政治史』(のち1967年改訂版『近代ヨーロッパ政治史』)、1947年『近代日本の形成』(1962年改訂版『近代日本政治史』)を発表し、近代日本の政治史を国際政治との歴史的な関連でとらえ、独創的な研究成果をあげた。1963年退官後、学習院大学教授。1972年日本学士院会員。1977年文化功労者となり、1986年文化勲章を受章。著書に『黎明(れいめい)期の明治日本―日英交渉史の視角において』『転換期の大正』など。1990年10月5日没。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

岡義武の関連キーワード山県有朋内閣寺内正毅内閣原敬日記山県有朋昭和時代伊藤博文小川平吉実証主義岡 義武松本剛吉黎明期革命

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岡義武の関連情報