コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩内平野 いわないへいや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩内平野
いわないへいや

北海道西部,積丹 (しゃこたん) 半島基部の南西側,掘株川流域の平野。北は積丹山地,南はニセコ連峰で区切られる。沖積地と河岸段丘から成り,海岸には幅約 1kmにわたって砂丘が発達。米作が行われるほか,特産物にスイカ,メロン,アスパラガスがある。日本のアスパラガス栽培発祥の地。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕岩内平野(いわないへいや)


北海道西部、積丹(しゃこたん)半島基部南側にある平野。堀株(ほりかっぷ)川下流域を占める。南はニセコアンヌプリ火山群に接し、西は日本海に臨む。水稲・スイカ・メロン・ジャガイモを栽培する農業地帯。日本のアスパラガス栽培の先進地。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩内平野
いわないへいや

北海道西部、積丹(しゃこたん)半島南側に広がる堀株(ほりかっぷ)川下流の平野。国富(くにとみ)を頂点とし西方日本海側に三角形をなしている。平野は、北東の新第三紀層からなる山地を切って断層崖(がい)下に形成された扇状地状台地で、南部の砂層の海岸段丘と、これらの間を蛇行しながら堀株川がつくった三角州状沖積平野よりなる。平野前面には砂丘列が南北に走り、堀株川は平野の北端で日本海に注ぐ。台地や段丘は畑地、沖積地は水田が卓越する農業地帯をなしている。[瀬川秀良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

岩内平野の関連キーワード共和[町]共和(町)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android