コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩田遺跡 いわたいせき

防府市歴史用語集の解説

岩田遺跡

 熊毛郡平生町熊毛半島の海岸近くにある縄文時代から古墳時代にかけての生活の跡です。縄文時代の住居の跡や木の実が入っていた貯蔵穴[ちょぞうけつ]などが見つかったほかに、土偶[どぐう]も見つかりました。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いわたいせき【岩田遺跡】

山口県熊毛郡平生町にある縄文時代の中期から弥生時代の前期におよぶ遺跡で,中心は縄文時代後期後半と晩期前半にある。瀬戸内海に突出する熊毛半島西岸の小扇状地と旧浜堤に立地し,遺物を出土する範囲は約6000m2におよぶ。1952年から8次にわたる調査の結果,扇状地の上手は当時の住居地帯と推定され,旧浜堤では縄文晩期土器を使用した乳幼児の埋葬,扇状地末端の湧水地区では地面を掘りこんだ木の実類の貯蔵庫群が検出された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岩田遺跡の関連キーワード山口県熊毛郡平生町佐賀山口県熊毛郡平生町小郡官衙遺跡群福岡県小郡市

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android