コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

峨眉山/峨嵋山 ガビサン

世界遺産情報の解説

峨眉山

峨眉山は中国・四川省にある神聖な山で、中国三大霊山や中国四大仏教名山の一つです。眉県県都から7km離れた西南に位置し、海抜は3,099m。26の寺社を有し、普賢菩薩の道場とされており、植物層も豊かで3000種を抱えます。1996年には文化と環境の両方が考慮され、楽山大仏と共にユネスコの世界遺産(複合遺産)に登録されました。峨眉山は景色が特に美しいため、昔から「峨眉 天下の秀」とほめたたえられています。 主峰・金頂に登れば、雲海、日の出、仏光、聖灯」という四つの奇観を楽しむことができます。

出典 KNT近畿日本ツーリスト(株)世界遺産情報について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

峨眉山
がびさん

オーメイ(峨眉)山」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

峨眉山
がびさん / オーメイシャン

中国、四川(しせん/スーチョワン)省中部、楽山(らくざん/ローシャン)市の西約40キロメートル、崑崙(こんろん/クンルン)山系(きょうらい)山脈南端の名山。三つの峰のうち万仏頂(3099メートル)が最高峰である。2世紀にここに寺院が建立され、唐代までは道教が主であったが、その後仏教化し、16世紀には仏教の聖地とされた。今日、さまざまな様式の寺院があるが、4世紀建立の万年寺は省の重要文化財。また、ここにある高さ9.1メートル、重さ約6.2トン、17世紀末の作とされる普賢菩薩(ふげんぼさつ)像は中国の重要文化財である。解放後、宿泊設備が設置され、多くの景勝地をもつこの山には毎年多数の人々が入山する。日の出、雲海、宝光(ブロッケン現象)、神灯(燐(りん)鉱石の光)はこの山の四大奇観である。この山は楽山市にある楽山大仏とともに1996年に世界遺産の複合遺産(文化、自然の両方の価値がある遺産)として登録されている(世界複合遺産)。[小野菊雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の峨眉山/峨嵋山の言及

【峨嵋山】より

…中国,四川省中部にある山。峨眉,蛾眉とも記す。頂上には金頂,千仏頂,万仏頂の3峰があり,万仏頂が3099mでもっとも高い。盆地より約2500mぬきんでているため山容は壮麗,植物相も豊かで,〈天下の名山〉とされる。金頂では御来迎のとき雲海に光輪と人影がうつる〈仏光〉もあらわれる。2世紀以降70余の寺院が建立され,16世紀には山西の五台山,浙江の天台山などとならんで仏教の聖地となり,光明山の名でも呼ばれる。…

※「峨眉山/峨嵋山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

峨眉山/峨嵋山の関連キーワードローシャン(楽山)特別市オーメイ山ローシャン四川(省)文殊仙寺補陀落山東金羅九華山峨嵋山澄観

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android