コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵐璃寛(2代) あらし りかん

1件 の用語解説(嵐璃寛(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嵐璃寛(2代) あらし-りかん

1788-1837 江戸時代後期の歌舞伎役者。
天明8年生まれ。初代嵐猪三郎(いさぶろう)の門にはいり,嵐徳三郎(2代)の名で初舞台。大坂,京都で活躍し,文政11年2代璃寛を襲名。目がおおきいため「目徳璃寛」とよばれた。立役(たちやく)を得意とし,当たり役は「八犬伝」の犬塚信乃など。天保(てんぽう)8年6月13日死去。50歳。大坂出身。前名は嵐寿三郎,嵐橘三郎(2代)。俳名は璃珏,玉山,里鶴。屋号は伊丹屋。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

嵐璃寛(2代)の関連キーワードサリエリ朋誠堂喜三二伊達林右衛門(初代)表千家マン茨田郡士山田屋大助大塩平八郎サヌーシー派舎密開宗

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone