コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵐雛助(初代) あらし ひなすけ

2件 の用語解説(嵐雛助(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嵐雛助(初代) あらし-ひなすけ

1741-1796 江戸時代中期-後期の歌舞伎役者。
寛保(かんぽう)元年生まれ。初代嵐小六の子。父の俳名雛助(すうじょ)の訓読みを芸名として12歳で初舞台。安永4年若女方から立役(たちやく)に転じ,大坂,京都で活躍。天明6年叶に改姓,寛政6年3代嵐小六を襲名。公家悪を得意とした。寛政8年3月29日死去。56歳。幼名は嵐岩次郎(初代)。俳名は眠獅。屋号は吉田屋。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

嵐雛助(初代)

没年:寛政8.3.29(1796.5.6)
生年:寛保1(1741)
江戸中期の歌舞伎役者。初代嵐小六の子。俳名眠獅。屋号吉田屋。宝暦2(1752)年,嵐雛助の名で大坂角の芝居の初舞台を踏み,所作事で天才の芽を窺わせた。16歳で女形となり,32歳で上上吉の評を得ながら,立役に転向。善悪さまざまな役柄を演じて高評を得た。特に「天満宮菜種御供」での実悪の藤原時平,所作事の「化粧六歌仙」など芸品すぐれ,寛政7(1795)年以降は無類上上吉の評を得た。このころ,3代目嵐小六を継ぎ,「小六玉」と称され,給金年1200両余。見物の喝采を嫌い,科を控えて役の性根を十分に表す演技力の持ち主だった。雛助の名跡は昭和期までに10代を数えた。<参考文献>八文字屋自笑『眠獅選』『玉の光』(『上方役者一代記集』上方芸文叢刊4巻)

(青木繁)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嵐雛助(初代)の関連キーワード歌舞伎役者小六染嵐かのふ(初代)嵐小六(初代)嵐小六(4代)嵐小六(5代)嵐三右衛門(7代)嵐三右衛門(9代)嵐芳三郎(初代)関三十郎(初代)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone