コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵩む カサム

デジタル大辞泉の解説

かさ・む【×嵩む】

[動マ五(四)]
体積・分量・数量が増える。「荷が―・む」「本代が―・む」
他に比べて程度が勝る。
「(義経ハ)頼朝に―・みて見ゆ」〈盛衰記・四六〉
増長する。勢いに乗じる。
「駿河義元公、あまり―・みて信長に負け」〈甲陽軍鑑・一四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かさむ【嵩む】

( 動五[四] )
〔「嵩」の動詞化〕
数量・金額が大きくなる。ふえる。 「食費が-・む」 「金利が-・む」
勢いが強くなる。また、増長する。 「かたはらの大臣、我に-・む事をそねみて/正法眼蔵随聞記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

嵩むの関連キーワード正法眼蔵随聞記売買委託手数料食費

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

嵩むの関連情報