コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大きな オオキナ

2件 の用語解説(大きなの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おおき‐な〔おほき‐〕【大きな】

[形動]《形容動詞「おおきなり」の連体形「おおきなる」の音変化》
容積・面積が広い空間・場所を占めるさま。「大きな箱」「大きな池」⇔小さな
数・量が多いさま。「大きな音」⇔小さな
程度がはなはだしいさま。「大きな格差」⇔小さな
規模が並を超えているさま。また、範囲の広いさま。「大きな計画」「問題の大きなとらえ方」⇔小さな
重大・重要なさま。「大きな原因となっている」⇔小さな
年長であるさま。「大きな息子」⇔小さな
大げさであるさま。また、いばっているさま。「大きなことを言う」「大きな態度」
大きい[用法]
[補説]「声の大きな人」のように、述語としても用いられるので、形容動詞と認められる。連体形だけが用いられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おおきな【大きな】

( 形動 )
〔形容動詞「おおき(なり)」の連体形から。現代語では連体形「おおきな」の形だけが用いられる〕
大きい。たいへんな。 ↔ 小さな 「 -山」 「規模の-会社」 〔「おおきな」を連体詞とする説もあるが、この語は「耳の大きな人」などのように、述語としてのはたらきをもっている点が、一般の連体詞とは異なっている〕 → おおき

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大きなの関連キーワード有るまじき異な大いなる大きに大し更なるなのだなのでなのに有るべき

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大きなの関連情報