コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵯峨の秋 さがのあき

2件 の用語解説(嵯峨の秋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嵯峨の秋
さがのあき

箏曲の曲名。手事物形式による明治新曲。高低2部合奏による。菊末勾当が明治1年頃に作曲した。詞章は『平家物語』巻六の小督 (こごう) の物語を素材とし,嵯峨野隠れ家から,小督のつま弾く『想夫恋』の曲が漏れ聞こえてくる場面を描いたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嵯峨の秋
さがのあき

生田(いくた)流箏曲(そうきょく)の曲名。作詞者不明、作曲は大阪の菊末検校(きくすえけんぎょう)で、明治初期の作品。『平家物語』の「小督(こごう)」から題材をとり、秋の月の明るい晩に、源仲国が天皇の命により、もの寂しい嵯峨野(さがの)へ小督の局(つぼね)を訪ねる場面を歌っている。曲は前唄(まえうた)―手事(てごと)―後唄(あとうた)―短い後奏で構成され、高低の2面の箏(こと)を使い、全体に器楽性を重視している点が特色である。同じ題材を山田検校が作曲した『小督の曲』とは趣(おもむき)がかなり異なる。[茂手木潔子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嵯峨の秋の関連キーワード残月千鳥の曲手事物明治新曲茶音頭ままの川都の春武内城継四季の詠(四季の眺)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

嵯峨の秋の関連情報