コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川湯[温泉] かわゆ

百科事典マイペディアの解説

川湯[温泉]【かわゆ】

北海道東部,弟子屈(てしかが)町,阿寒国立公園のアトサヌプリ北麓にある。湯は酸性が強く,湯量豊富。含硫化水素酸性泉など。30〜65.5℃。摩周湖など阿寒探勝の基地で,釧網本線川湯温泉駅からバスが通じる。
→関連項目弟子屈[町]

川湯[温泉]【かわゆ】

和歌山県東牟婁(ひがしむろ)郡本宮町(現・田辺市)にある国民保養温泉。単純泉など。73℃。江戸時代から知られ,湯宿が開かれていた。熊野川の支流大塔川に沿い,川原に露天風呂がある。
→関連項目田辺[市]本宮[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かわゆ【川湯[温泉]】

北海道東部,釧路支庁管内弟子屈町の北部にある温泉。釧網本線川湯駅の北3kmの位置にあり,針葉樹林に囲まれ,アトサヌプリ(硫黄山)への遊歩道が通じている。泉質は硫化水素泉,硫黄泉など多種で,泉温は30~66℃。泉源は天然,掘削を合わせて69口に及び,泉量は極めて豊富で,流れ出る湯は文字通り湯川となって西方3kmの屈斜路湖に下っている。アイヌ名はセセキペツ(熱い川の意)である。1886年アトサヌプリの硫黄採掘の人たちを相手に湯宿を開いたのが始まりで,かつては閑静な温泉郷であったが,近年の発展は著しく,多数のホテル,旅館,保養施設とみやげ物店などが立ち並び,にぎやかな温泉街をつくり,阿寒湖畔温泉と並ぶ阿寒国立公園の観光基地となっている。

かわゆ【川湯[温泉]】

和歌山県南部,東牟婁(ひがしむろ)郡本宮町にある温泉。含食塩重曹泉,単純硫化水素泉,73℃。熊野川の支流大塔川の河原に湧く温泉で,一帯500mほどはどこを掘っても即席の露天ぶろが楽しめる。熊野本宮大社のある本宮から約2km,紀勢本線新宮駅からバスの便がある。【谷沢 明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

川湯[温泉]の関連キーワード吉野熊野国立公園

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android