コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工場制手工業 コウジョウセイシュコウギョウ

デジタル大辞泉の解説

こうじょうせい‐しゅこうぎょう〔コウヂヤウセイシユコウゲフ〕【工場制手工業】

マニュファクチュア

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

工場制手工業【こうじょうせいしゅこうぎょう】

マニュファクチュア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こうじょうせいしゅこうぎょう【工場制手工業】

資本主義的生産形態の一。家内制手工業と機械制大工業との中間に位置する。生産手段を有する資本家が、多数の手工業者を仕事場に集め、分業に基づく協業という形態で生産に従事させ、賃金を支払うもの。マニュファクチャー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

工場制手工業
こうじょうせいしゅこうぎょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の工場制手工業の言及

【産業】より

…問屋制家内工業がさらに進むと,専用の仕事場をつくって,労働者を雇い入れて,協同して生産に当たらせる方法が始まった。この形態がマニュファクチュア(工場制手工業)と呼ばれるものである。マニュファクチュアは,ある商品をつくるための作業を細かく分けてそれを何人もの労働者が分業していっせいに行うもので,生産の能率は非常に高まった。…

【マニュファクチュア】より

…マニュファクチュアは機械制大工業が成立する産業革命以前の工業部門における産業資本の経営様式(生産形態)である。工場制手工業とも訳される。資本主義発達の先進国であるイギリスでは,16世紀半ばころから産業革命に入る18世紀後半まで,繊維工業や金属工業など重要な工業部門でマニュファクチュアが大いに発達したので,その時期が〈本来のマニュファクチュア時代〉と呼ばれている。…

※「工場制手工業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

工場制手工業の関連キーワードブルーカラー・ホワイトカラースキェルニェウィツェニュー・イングランドマニュファクチャー阪神工業地帯足利[市]足利(市)山中新十郎技術革新産業革命明治維新生産手段地場産業家族労働足利市資本家ブルノ工業職業工場

工場制手工業の関連情報