(読み)み

日本大百科全書(ニッポニカ)「巳」の解説


十二支の第6番目。十二支獣として蛇があてられる。4月の異称として用いられるほか、弁財天の縁日である己巳(つちのとみ)を巳の日といったり、3月最初の巳の日を巳の日の祓(はら)いまたは上巳(じょうし)の祓いといって、この日には、中国の故事に倣って、身についた罪や(けが)れを人形(ひとがた)に託し、これを川や海に流す風習があった。時刻としても用いられ、今日の午前10時を中心とした前後2時間を「巳の刻」「巳の時」といった。方角としては、南から東へ30度寄った方角をいい、南南東にあたっている。巳のが1日のなかばである午(うま)の刻(今日の午後0時)より前であるところから、巳の刻(巳の時)は物が新しい状態であることをいい、古びていく、盛りを過ぎることを「巳の時過ぐ」という。

[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「巳」の解説

み【巳】

〘名〙
① 十二支の一つで、その第六番目。
拾遺(1005‐07頃か)物名・四二九・詞書「ね うし とら う たつ み 一夜ねてうしとらこそは思ひけめうき名たつみぞわびしかりける〈よみ人しらず〉」
② ①を年月日・方角・時刻に配して、その呼び名とするもの。
(イ) ①にあたる年や日。
(ロ) 南から東へ三〇度寄った方角。南南東。〔ロドリゲス日本大文典(1604‐08)〕
() 現在の午前一〇時頃。また、その前後二時間。一説に、その後二時間。巳の刻。巳の時。
※尾形了斎覚え書(1917)〈芥川龍之介〉「巳(ミ)の上刻には、既に乱心の体にて」
(ニ) 四月の異称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「巳」の解説

み【×巳】

十二支の6番目。
方角の名。南から東へ30度の方角。南南東。
時刻の名。現在の午前10時ごろ。また、その前後の2時間。または、午前10時から正午までの2時間。
1にあたる年や日。
暦4月の異称。

し【巳】[漢字項目]

人名用漢字] [音]シ(漢) []み
十二支の6番目。み。「元巳げんし上巳

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android