コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帝国在郷軍人会 ていこくざいごうぐんじんかい

2件 の用語解説(帝国在郷軍人会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帝国在郷軍人会
ていこくざいごうぐんじんかい

第2次世界大戦前,予備役,後備役,帰休兵,退役軍人などを会員として結成された全国的軍人団体。陸軍省軍事課長田中義一の発案により,1910年陸軍軍人を会員として発足,14年に海軍軍人も含め,31年には勅令による公的団体となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

帝国在郷軍人会
ていこくざいごうぐんじんかい

1910年(明治43)11月3日、各地に組織されていた在郷軍人団体を統合して設立された在郷軍人の全国的な統一組織。初代総裁は伏見宮貞愛(ふしみのみやさだなる)親王。日露戦争後の軍制改革に重要な役割を果たした田中義一(ぎいち)などが設立に努力した。軍隊教育の復習や相互扶助などを目的にし、軍による国民支配の手段として国民に対する教化や統制を進めた。当初、陸軍のみの組織であったが、14年(大正3)に海軍も合流。会員数は約300万と称され、連隊区ごとに支部、郡市単位に連合分会、町村単位に分会が設けられ、機関誌として『戦友』『我が家』などを発行。20年代以降、軍国主義や戦争遂行体制協力のための社会的・思想的運動を広げ、とくに、35年(昭和10)に「天皇機関説」排撃運動を右翼勢力とともに進めて、国体明徴運動を展開。翌年帝国在郷軍人会令によって勅令団体になった。敗戦による軍国主義追放により46年に解散。[遠藤芳信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の帝国在郷軍人会の言及

【在郷軍人会】より

… 日本では,日清戦争前後から郡長や町村長によって各地に兵事行政の補助や在郷軍人の管理を目的とする在郷軍人の尚武団体が組織されはじめた。日露戦争を契機として,陸軍省の指導下にこれらの団体を全国的に統合して,1910年11月に任意団体の帝国在郷軍人会が創設された。初代総裁に陸軍大将伏見宮貞愛親王,会長に寺内正毅陸軍大臣をあて,本部理事を陸軍の高級将校が構成し,各地の連隊区司令部に支部を,町村に分会を設置したもので,機関誌《戦友》を発行し,創立当時約100万人,14年からは海軍軍人も加え,30年代には約300万人の在郷軍人を擁した。…

※「帝国在郷軍人会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

帝国在郷軍人会の関連キーワード在郷軍人簡閲点呼現役後備後備役世界大戦福祉社会予備役《第2次世界大戦》ロンドン協定(第2次世界大戦)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

帝国在郷軍人会の関連情報