コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直島 なおしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直島
なおしま

香川県北部,直島町の主要部を形成する島。最高点は地蔵山 (123m) 。黒雲母花崗岩の丘陵が広く,北端の風戸に銅製錬所がある。クロマツ林,クロマツ混合林に鳥類が多く生息,マヒワアトリが渡来する。ハマチ,タイの養殖が行われる。林はかつて煙害で裸地となったが,その後の植林で再び緑化した。宇野港に近く,宇野と高松を結ぶフェリーが寄港。南部は瀬戸内海国立公園に属する。面積 8.15km2。人口 4028 (1996) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

なおしま【直島】

瀬戸内海中央部、岡山県玉野市の南にある島。香川県に所属。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔香川県〕直島(なおしま)


香川県北部、備讃(びさん)諸島北部の島。大小20余の島嶼(とうしょ)からなる直島諸島の主島。面積7.8km2。属島とともに直島町をなす。1919年(大正8)に三菱(みつびし)金属の銅製錬所が立地、鉱業の島として発展したが、煙害のため植物の生育は悪く、山肌に花崗(かこう)岩が露出する。島内には製錬所と付属施設、社宅などが立地する。2003年(平成15)、東隣の土庄(とのしょう)町豊島(てしま)に放置された60万トンの産業廃棄物の中間処理施設が設置され、三菱マテリアルの協力で処理作業が行われている。また岡山市に本社がある教育出版社のベネッセが各種のアート関連施設を運営、新しいスタイルの観光事業を展開している。ノリ・ハマチ養殖も盛ん。島の南半と属島は瀬戸内海国立公園に属する。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

直島の関連キーワード直島コンテンポラリーアートミュージアムベネッセコーポレーション[株]ベネッセハウスミュージアム瀬戸内国際芸術祭2010ベネッセアートサイト直島豊島の産業廃棄物不法投棄ANDO MUSEUM香川県香川郡直島町家プロジェクト李禹煥美術館空き家バンク直島町の要覧香川県香川郡地中美術館直島(町)師楽式土器京の上臈島直島[町]石井和紘安藤忠雄

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

直島の関連情報