コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帯広[市] おびひろ

2件 の用語解説(帯広[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

帯広[市]【おびひろ】

北海道南東部の市。1933年市制。十勝総合振興局所在地。十勝国のほぼ中央,十勝平野の中心にあり,明治中期以降開拓が進み,北海道の畑作の中心地,周辺の豆類,雑穀の集散地として発展。
→関連項目十勝[支庁]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おびひろ【帯広[市]】

北海道南東部にある市。1933年市制。人口17万1715(1995)。十勝平野の中央に中心市街があり,十勝支庁所在地である。中心市街の位置は札内川と十勝川の合流点に近く,市域は遠く南西方にのびて日高山脈山嶺線に至っている。開拓は1883年依田勉三のひきいる静岡県の晩成社移民団の入植に始まる。1907年の旭川~帯広間の鉄道開通で十勝平野の開拓が進み,碁盤目状に一部でさらにX状を加えるという珍しい町割りが作られ,十勝の中心地,とくに農産物集散地としての地歩を固めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

帯広[市]の関連キーワード厚岸湾音更川尾花岬利別川能取岬渡島十勝根室渡島富士北海道南西沖地震と奥尻町