常山の蛇勢(読み)ジョウザンノダセイ

デジタル大辞泉の解説

常山(じょうざん)の蛇勢(だせい)

常山にすむ蛇は、を打たれればが助け、尾を打たれれば首が、胴を打たれれば首と尾とが一致して助けたという、「孫子」九地の故事から》
先陣・後陣、左翼・右翼が相応じて攻撃・防御に協力し、敵に乗ずるすきを与えないような陣法。
文章で、首尾照応して各部分がすきなく、叙述が引き締まっていること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうざんのだせい【常山の蛇勢】

〔「孫子九地」より。常山に住む蛇は、首を撃てば尾が助け、尾を撃てば首が助け、胴を撃てば首と尾が助けるという故事から〕
〔晋書 桓温伝〕 先陣と後陣、左翼と右翼などが互いに相応じて攻撃・防御し、敵が乗じることのできないようにする陣法。
文章などが前後相呼応していることにもいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android