コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常滑[市] とこなめ

2件 の用語解説(常滑[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

常滑[市]【とこなめ】

愛知県知多半島西岸の市。1954年市制。名鉄常滑線および空港線が通じる。平安時代中期に起源をもつ常滑焼で有名な窯業都市で,建築陶器,衛生陶器,陶管,鉢類,花器,茶器等を生産し,市の製造品出荷額の約4割(2003)を占めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とこなめ【常滑[市]】

愛知県西部,知多半島の西岸中央部にあって伊勢湾に面する窯業都市。1954年常滑,鬼崎,西浦,大野の4町と三和村が合体,市制。人口5万0854(1995)。長い常滑焼の歴史を物語る常滑古窯跡群が丘陵部にあり,陶器生産用具および製品1655点が国の重要民俗資料に指定されている。近世後期に朱泥,陶管が特産として登場し,その後,衛生陶器,タイル,置物玩具なども生産され,窯業が市の中心産業となっており,市立陶芸研究所,県窯業技術センター陶磁器会館がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

常滑[市]の関連キーワード知多半島知多湾半田東浦三河湾大府知多知多木綿常滑日間賀島(ひまかじま)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone