コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常滑[市] とこなめ

百科事典マイペディアの解説

常滑[市]【とこなめ】

愛知県知多半島西岸の市。1954年市制。名鉄常滑線および空港線が通じる。平安時代中期に起源をもつ常滑焼で有名な窯業都市で,建築陶器,衛生陶器陶管,鉢類,花器,茶器等を生産し,市の製造品出荷額の約4割(2003)を占めている。農村部では知多木綿を特産。愛知用水が通じ,ミカン,野菜の栽培も盛んである。北部の大野は近世江戸,大坂への回船の本拠地であった。伊勢湾岸にヨットハーバーや海水浴場がある。沖合には2005年2月に中部国際空港セントレア)が開港,東海地方における空の玄関口となる。55.89km2。5万4858人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とこなめ【常滑[市]】

愛知県西部,知多半島の西岸中央部にあって伊勢湾に面する窯業都市。1954年常滑,鬼崎,西浦,大野の4町と三和村が合体,市制。人口5万0854(1995)。長い常滑焼の歴史を物語る常滑古窯跡群が丘陵部にあり,陶器生産用具および製品1655点が国の重要民俗資料に指定されている。近世後期に朱泥,陶管が特産として登場し,その後,衛生陶器,タイル,置物玩具なども生産され,窯業が市の中心産業となっており,市立陶芸研究所,県窯業技術センター,陶磁器会館がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android