常磐津 文字兵衛(初代)(読み)トキワヅ モジベエ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

常磐津 文字兵衛(初代)
トキワヅ モジベエ


職業
常磐津節三味線方

本名
富坂 文字兵衛

別名
前名=常磐津 八十太夫,常磐津 八十松,後名=常磐津 文佐(トキワズ ブンサ)

生年月日
天保10年

出生地
越後国(新潟県)

経歴
越後の鍛冶工の子として生まれる。常磐津文字八に入門し、八十太夫となる。声変わりのため太夫から三味線方に転じ、八十松を名乗る。それまでの三味線方の岸沢一門が常磐津姓から脱退して後、文久2年に常磐津文字兵衛と改名。ワキ三味線からやがて立三味線となり、6代目小文字太夫や2代目松尾太夫の三味線方として活躍した。晩年は文佐と称した。

没年月日
明治38年 1月16日 (1905年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android