コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐津文字兵衛(3世) ときわずもじべえ[さんせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常磐津文字兵衛(3世)
ときわずもじべえ[さんせい]

[生]1888
[没]1960
常磐津節の三味線方。2世常磐津文字兵衛の実子。本名鈴木広太郎。初名3世八百八。 1916年3世を襲名。3世松尾太夫,その子の三東勢太夫,千東勢太夫の立三味線を受け持った。 1953年日本芸術院会員,1955年重要無形文化財保持者に認定された。のち文字翁と改名したが,まもなく没した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の常磐津文字兵衛(3世)の言及

【独楽】より

…作詞木村富子。作曲3世常磐津文字兵衛。振付2世花柳寿輔。…

【良寛と子守】より

…良寛を13世守田勘弥が演じた。作曲3世常磐津文字兵衛,3世常磐津松尾太夫。振付7世藤間勘十郎。…

※「常磐津文字兵衛(3世)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

常磐津文字兵衛(3世)の関連キーワード新藤兼人朝鮮映画磯崎新川添登国際通貨問題黒人文学メタボリズム安保闘争教育改革コーマン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android