コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平郡島 へいぐんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平郡島
へいぐんとう

山口県南東部,伊予灘に浮ぶ防予諸島小島。最高所標高 452m。柳井市に属する。山地が多く平地はほとんどない。長い間土地共有制 (地割制) と同族戸籍をもっていたことで知られる。ミカンが栽培され,牧牛も行われる。漁業ではタコ漁が有名。近年釣り客などの観光客が多い。柳井港から定期船がある。面積 16.61km2。人口 591 (2000) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

平郡島

周防大島の南方にあり、面積は約17平方キロメートル。島東部から本土までフェリーで1時間40分かかる。主な産業は農漁業で、ミカンの栽培が盛ん。ピークだった1950年ごろには約4千人が暮らしたが、島を出て本土で就職する若者が後を絶たず、過疎・高齢化が進んだ。今は10分の1にまで減っている。

(2013-04-09 朝日新聞 朝刊 山口 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

平郡島【へいぐんとう】

山口県柳井市に属する瀬戸内海の島。古くは〈へぐりしま〉とも。面積16.56km2。集塊岩からなり平地に乏しく,集落は東西の東浦,西浦の二つのみ。タコ漁が盛んで,柳井港から船便がある。
→関連項目柳井[市]山口[県]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へいぐんとう【平郡島】

山口県柳井市に属し,伊予灘に浮かぶ島。中央に長深山(452m)があり,面積約17km2。人口763(1995)。柳井港から1日2往復の船便がある。紀伊より来住して島の西部を開発したという鈴木氏の子孫が,近世には長州藩御船手組の舸子(かこ)給を付され,庄屋もつとめていた。平地に乏しく,畑作中心でミカン栽培と牧牛が行われる。漁業はタイ,スズキ一本釣りや平郡ダコが有名。浄光寺の本尊木造薬師如来座像は鎌倉期の作。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕平郡島(へいぐんとう)


山口県南東部、屋代(やしろ)島南方の伊予灘(いよなだ)に浮かぶ島。面積16.6km2。柳井(やない)市に属する。近世、毛利水軍の水夫を出した島。タコ漁で知られ、平郡(へぐり)ダコとして出荷される。山腹では階段耕作によるミカンの栽培が盛ん。釣り・海水浴・キジ猟などの観光客が多い。「へぐりじま」とも読む。

〔山口県〕平郡島(へぐりじま)


平郡島(へいぐんとう)

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平郡島
へいぐんとう

山口県南東部、瀬戸内海の伊予灘(いよなだ)にある島。柳井(やない)市に属す。旧平郡村。面積16.62平方キロメートル。1841年(天保12)の記録では、家数395軒、人口2178人。萩(はぎ)藩の船手(ふなて)組舸子給(かこきゅう)として892石をもっていた。島の東端に東浦と羽仁(はに)、西岸に鶴甫(つるほ)と西浦の半農半漁村がある。島内の傾斜地はよく耕地化され、ミカン園が多い。漁業はタコ壺(つぼ)や、タイ、スズキの一本釣りが盛ん。南東端の五十谷三島(いやみしま)に海水浴場がある。柳井港からの定期船便がある。人口485(2009)。[三浦 肇]
『境吉之丞著『山口県柳井市平郡島史』(1978・柳井市立図書館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

平郡島の関連キーワード山口県柳井市柳井(市)柳井[市]周防大島毛利水軍集塊岩

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平郡島の関連情報