幼年期(地形)(読み)ようねんき

百科事典マイペディアの解説

幼年期(地形)【ようねんき】

浸食輪廻(りんね)を3分したときの初めの時期。原地形面が広く残っているのが特徴。河食輪廻の場合,河川の盛んな下刻作用により原地形はV字形の谷に刻まれ,河間に広い原地形面を残している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android