コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幼生器官 ようせいきかんlarval organ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幼生器官
ようせいきかん
larval organ

動物の幼生期にのみ現れ,変態後消滅する器官。昆虫の場合は幼虫器官という。例として,おたまじゃくしの尾・鰓,ホヤの幼生の尾,環形動物のトロコフォラ繊毛環・原腎管,昆虫の幼生の腹脚・気管鰓などがあげられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ようせい‐きかん〔エウセイキクワン〕【幼生器官】

動物の幼生期にはあるが、変態後に消失する器官。おたまじゃくしの尾・えら芋虫の腹脚など。一時的器官。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ようせいきかん【幼生器官 larval organ】

多細胞動物の発生過程において,幼生の時期のみにみられる器官で,変態の過程で消失するもの。昆虫ではこれを幼虫器官と呼ぶ。人間の生活に最もなじみの深い幼生器官は,カエル類のオタマジャクシ幼生の尾であろう。しかしオタマジャクシがカエルになる過程で捨てるものは尾だけではなく,実は口器も脱落し,体内ではえらが退化しているのである。このほか大部分の幼生がそなえている繊毛や繊毛環なども変態時に失われる場合が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ようせいきかん【幼生器官】

動物の幼生期にのみ現れて、成長後は消失する器官。オタマジャクシの尾や鰓えら。一時的器官。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android