広井 勇(読み)ヒロイ イサム

20世紀日本人名事典の解説

広井 勇
ヒロイ イサム

明治・大正期の土木工学者 東京帝国大学教授。



生年
文久2年9月2日(1862年)

没年
昭和3(1928)年10月1日

出生地
土佐国高岡郡佐川村(高知県)

学歴〔年〕
工部大学予科,札幌農学校〔明治14年〕卒

学位〔年〕
工学博士〔明治32年〕

経歴
土佐藩士広井喜十郎の長男。札幌農学校では新渡戸稲造、内村鑑三らと同期。明治14年開拓使御用掛を経て、15年上京し工部省鉄道局に勤務、日本鉄道会社の東北線建設を監督した。16年渡米、さらにドイツに渡ってシュトゥットガルト工科大学で学び、22年帰国、札幌農学校教授に就任。この間、函館、小樽などの港湾事業に参画し完成させた。32年東京帝大工科大学教授となり、橋梁工学を担当。以後20年間帝大教授を務める傍ら、土木学会会長のほか、震災予防調査会、港湾調査会などの委員を歴任し、日本土木界の草分けとして活躍。小樽港防波堤建設、日本初のコンクリート橋建設(仙台)、小倉築港、鬼怒川水力電気事業などに功績を残した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

広井 勇 (ひろい いさむ)

生年月日:1862年9月2日
明治時代;大正時代の土木工学者。東京帝国大学教授;土木学会会長;工学博士
1928年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android